2ちゃんねるまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
720 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 04:51:58.64 ID:x6n4QVrR0
~セキエイこうげん

ベジータ「ここか…待っていろカカロット!!」

カンナ「あら、ようこそ。私が四天王のカンナよ」

ベジータ「四天王…だと?」

カンナ「もしかして…知らないの?」

ベジータ「まだいやがるのか!!!」

カンナ「ポケモンリーグは私を含め、この先にいる四天王を倒し続けて…そこからチャンピオンになるの」

ベジータ「クッ! 要は貴様等を倒し続ければいいんだな!!」

カンナ「ご名答。それじゃ行くわよ」



721 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 04:53:25.70 ID:x6n4QVrR0
してんのうのカンナが しょうぶをしかけてきた!
してんのうのカンナは ジュゴンをくりだした!

ジュゴン「クォ~」

ベジータ「チッ…めんどくさい」

カンナ「あなたも早くポケモンを出しなさいよ」

ミュウツー(マスター、ファイヤーが出たがってます)

ベジータ「そうか」

いけっ! ファイヤー!

725 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 04:57:11.52 ID:x6n4QVrR0
ファイヤー「ゴォォォォ!」

ベジータ「いいか! 今度、腑抜けた戦い方したらもう一度叩きなおしてやるからな!!」

ファイヤー「ゴ、ゴォォォォォォ!!」

カンナ「(タイプは明らかにこっちの方が有利よね。連勝記録の糧とさせて貰うわ)ジュゴン、なみのり!」

ジュゴン「クォォ!」

ファイヤー「ゴォォォォ!!」

ファイヤーの ざんぞうけん!
ファイヤーの すばやさとかいひりつがあがった!
てきのジュゴンの なみのり!
しかしこうげきは はずれた!

729 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 05:01:27.52 ID:x6n4QVrR0
ファイヤー「グオォォォォ!」

ジュゴン「クォ?」

ファイヤーの かえんほうしゃ!
てきのジュゴンは ごんがりとごげめがついた!

ファイヤー「グォォォ!!」

ファイヤーは じゅごんのほしょくにかかる!
てきのジュゴンは まだいきがある!
しかし なすすべもなくファイヤーに ほしょくされた!

ファイヤー「ゴォォ!!」

サンダー(生き食いかよ…でもうまそうだな)

フリーザー(ジュルリ!)

カンナ「う、嘘でしょ…」

ベジータ「どうした? それでお終いか?」

731 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 05:07:38.52 ID:x6n4QVrR0
カンナ「ええい! パルシェン!」

してんのうのカンナは パルシェンをくりだした!

パルシェン「ー」

カンナ「パルシェン! 最大パワーで冷凍ビーム!!」

パルシェン「パル!」

てきのパルシェンの れいとうビーム!
しかし ファイヤーはとかしてしまった!

ファイヤー「ゴォォォ!!」

ファイヤーの だいもんじ!
てきのパルシェンは つぼやきになった!

カンナ「そ、そんな…」

ファイヤー「ゴォォォ!」

ファイヤーは なかみをきようにくりぬいてほしょくする!

サンダー(うわぁ…うまそ)

フリーザー(氷だからな…)

734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 05:11:32.49 ID:x6n4QVrR0
カンナ「こうなったら…ルージュラ!」

してんのうのカンナは ルージュラをくりだした!

ルージュラ(最近のポケモンはカスね…ん!! いい男ハッケーン!!!)

てきのルージュラに でんげきがはしる!
てきのルージュラは ベジータにメロメロになった!

カンナ「ルージュラ! サイコキネ…ちょっとルージュラ!!」

ルージュラ(恋する女は主人よりも強し! いただきま~す)

ベジータ「何ッ!」

てきのルージュラの あくまのキッス!
ベジ-タは ひるんでしまった!

ベジータ「な…なんだこの気持ち悪い野郎は!!」

ルージュラ(チッ! こうなったらもう一発……あぎゃぁぁぁ!!!)

ファイヤーの かえんほうしゃ!
こうかは ばつぐんだ!
てきのルージュラのやぼうは からだとともにとけさった!

737 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 05:16:41.72 ID:x6n4QVrR0
ベジータ「チッ…助かったぞ」

ファイヤー「ゴォォォォ!」

カンナ「こうなったら…行くのよラプラス!」

してんのうのカンナは ラプラスをくりだした!

ラプラス「ラプ!!」

ベジータ「ほぅ、ずっと昔に征服した惑星の動物に似てるな」

ミュウツー(マスター、サンダーが出たがってます!)

ベジータ「しょうがない…戻れ」

もどれ! ファイヤー!
いけっ! サンダー!

739 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 05:27:48.52 ID:x6n4QVrR0
サンダー「ギェェェ!!!」

ファイヤー(何で出てきたの?)

フリーザー(なんか出たいってさ)

ファイヤー(へー、そういえばマスターに褒められた)

ミュウツー(よかったな)

フリーザー(おめでとう)

ファイヤー(これで俺の株も上がったなwwww)

ミュウツー・フリーザー(調子に乗らなければな)

ベジータ「さて、残りはそいつらしいからさっさと片付けろ!」

サンダー「ギェェェェ!!!」

カンナ「タイプなんて関係ないわ! ラプラス、ふぶき!」

ラプラス「ラプ!!」

てきのラプラスの ふぶき!
こうかは ばつぐんだ!
きゅうしょに あたった!
サンダーは こおってしまった!

741 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 05:32:41.00 ID:x6n4QVrR0
カンナ「やったわ! これで動けないはず…」

ベジータ「…普通ならな」

カンナ「え?」

ベジータ「動け!」

サンダーを おおっていたこおりがくだけはじめる!
こおりは こなごなにくだけちった!

サンダー「ギェェェェェェ!!!!」

カンナ「う、嘘!!」

ベジータ「やれ」

サンダー「ギェェェェェ!!!」

サンダーの 10まんボルト!
こうかは ばつぐんだ!

てきのラプラスは まだいきがある!

746 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 05:55:14.45 ID:x6n4QVrR0
カンナ「耐えてくれてありがとう…ラプラス、もう一回ふぶきよ!」

ラプラス「ラプ!!!」

ベジータ「次で仕留めなかったら…どうなるかわかているだろうな?」

サンダー「ぎ、ギェェェェェ!!!」

てきの ラプラスのふぶき!
しかし こうげきははずれた!
サンダーの ドリルくちばし
ラプラスの のうてんにちょくげきした!
ラプラスは のうしじょうたいに おちいった!

サンダー「ギェェェ!!!」

サンダーは ラプラスのなきがらを ほしょくした!
してんのうのカンナとの しょうぶにかった!▽

748 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 05:59:44.67 ID:x6n4QVrR0
ベジータ「おい! のんきに飯なんて食うんじゃない!!」

サンダー「ギェェェェ!!!」

ベジータの おしおき!
サンダーは ちいさくなっている!

ベジータ「戻れ! 全く…」

ファイヤー(叱られてやんのwwww)

サンダー(食欲が抑えられず少しミスった…)

フリーザー(ま、反省してるならいいんじゃない)

ミュウツー(だな)

ファイヤー(………)

750 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/19(日) 06:04:41.09 ID:x6n4QVrR0
カンナ「ううっ…一応負けは負け、次に進んで良いわよ」

ベジータ「そうさせてもらおう」

カンナ「あなた、誰かを探してるの?」

ベジータ「…貴様には関係ない」

カンナ「ならヒントだけでも教えて上げる。チャンピョンは2匹のポケモンで私達四天王に勝ったの」

ベジータ「ほぅ」

カンナ「でも大らかで優しくて…それにあなたと同じように尻尾が生えてたわ」

ベジータ「そうか…」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:18:33.85 ID:EYdGskzU0
~シバのま

シバ「俺は四天王のシバ! 使うのは岩と格闘タイプのポケモンだ!」

ベジータ「ほぅ、なら俺が挑むか」

シバ「ハハハッ! 俺も生身でポケモンに挑んだ事はあるが、あんたじゃ倒せんよ」

ベジータ「そうか、だったら…完膚なきまでに倒した事はあるのか?」

シバ「い、いや…」

ベジータ「いいから掛かって来い!」

ミュウツー(マスターがやるんですか!!)

ベジータ「当たり前だ! 方慣らしぐらいにはなるだろう」

シバ「好きにしろ。行くぞ、ウー! ハーッ!」

してんのうのシバが しょうぶをしかけてきた!
してんのうのシバは イワークをくりだした!

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:19:39.31 ID:EYdGskzU0
イワーク「イワッ!」

ベジータ「懐かしいポケモンだ」

シバ「イワーク! しめつける!」

てきのイワークの しめつけるこうげき!
ベジータは しめつけられた!

ベジータ「こんなもの…ハァァァ!!」

シバ「無駄だ! 俺も過去にイワークに締め付けられたことがあるが、骨が折れるほどの…」

ベジータ「黙って見てろ! ハァッ!」

イワーク「い、イワッ!!」

ベジータは きをかいほうした!
てきのイワークは バラバラにくだけちった!

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:21:43.29 ID:EYdGskzU0
シバ「へ?」

ベジータ「さて、次はどいつだ? 何なら2人掛りでも構わんぞ?」

シバ「こうなったら後悔させてやるぞ!」

してんのうのシバは エビワラーとサワムラーを くりだした!

エビワラー「エビッ!」

サワムラー「サワッ!」

シバ「どうだ? 本場の格闘ポケモンは!」

ベジータ「なるほど…それじゃ俺はここを動かないで置いてやろう」

シバ「舐めた真似を!!!」

てきのエビワラーの メガトンパンチ!
てきのサワムラーの メガトンキック!
しかしこうげきは はずれた!

ベジータ「本当のパンチとキックはこうやるんだ!!」

ベジータの メガトンパンチ!
エビワラーは こなごなにくだけちった!
ベジータの メガトンキック!
サワムラーは あさってのほうこうへとんでった!

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:22:27.06 ID:EYdGskzU0
シバ「ああっ…」

ベジータ「チッ、1つは見逃したか…ま、誰かに捕まえられんように気をつけるんだな。打ち所が悪ければ即死だろうが…」

シバ「うぬぬぬぬ…こうなったら、カイリキー!」

してんのうのシバは カイリキーをくりだした!

カイリキー「リキーッ!!」

ベジータ「さて…」

シバ「カイリキー! ばくれつパンチ!」

ベジータ「!」

てきのカイリキーの ばくれつパンチ!
しかし ベジータにはぜんぜんきいていない!

シバ「何ッ!」

カイリキー「リキッ!!」

ベジータ「面白い技だな。たしか…こうだったな」

ベジータの ばくれつパンチ!
きゅうしょに あたった!

てきのカイリキーは うでがすべてふきとんだ!

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:24:55.87 ID:EYdGskzU0
カイリキー「リキ…リキッー!!」

ベジータ「消えろ!」

ベジータの エネルギーだん!
カイリキーは むざんにけしとんだ!

してんのうのシバとの しょうぶにかった▽

ミュウツー(怖ッ! あんな殺され方したら浮かばれないだろうな…)

サンダー(お仕置きだけでよかったな…)

ファイヤー(フリーザー、お前がマスターに褒められるのも解る気がする)

フリーザー(なんで?)

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:25:37.88 ID:EYdGskzU0
ベジータ「ふぅ、準備運動にはなったな」

シバ「お前の存在は反則だ!!」

ベジータ「これが俺の戦い方だ…ん?」

???「ギャァァァァァァァ!!!!!!」

シバ「まさか!」

ベジータとシバは さきのへやへとはしる!
へやには キクコのしたいがころがってた!

シバ「ば、ばあさん!!」

ベジータ「気が消えてる…見たところ、心臓麻痺だな」

シバ「もしや俺達のバトルをみてたのか…年寄りの心臓はデリケートだからな」

ベジータ「俺はどうすればいい?」

シバ「ばあさんが死んだならバトルは無理だろう。悪いが先に進んでくれ、俺はカンナと処理してくる」

ベジータ「チッ、情けないババァだ」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:27:10.78 ID:EYdGskzU0
~ワタルのま

ワタル「うッ…俺の手に疼くぞ!!」

ベジータ「…」

ワタル「この俺の腕に秘められる力と共鳴するとは…貴様ッ! 例の組織の者だな!!」

ベジータ「ほぅ、少しは出来るみたいだな!!」

ベジータは ちからをかいほうする!
ちゅう2のワタルは ひるんでしまった!

ワタル「え? ちょ、ちょっとタンマ!! 急に腹がいたくて…」

ベジータ「サタンみたいな野郎だな。言っておくが俺は初心者だぞ」

ワタル「(え? ってことは偶然勝ち進んだ口か!) クククッ…見せてみろ、精々楽しませてくれよ?」

してんのうのワタルが しょうぶをしかけてきた!
してんのうのワタルは ギャラドスをくりだした!

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:28:09.28 ID:EYdGskzU0
ワタル「我に歯向かわんとする愚か者に安らぎを…」

ギャラドス「ギャシャァァァァ!!」

ベジータ「ほぅ、今までの奴等よりかは強そうだ」

ミュウツー(マスター、フリーザーが出たがっているようです)

ベジータ「仕方ない。出て来い」

フリーザー「フォォォォォ!!!」

ワタル「え? あの…待ったはありでいいかな?」

ベジータ「……やれ」

フリーザー「フォォォォ!!」

ワタル「クククッ…ギャラドス! その水で遊んでやれ…」

ギャラドス「ギシャァァァァ!!!」

てきのギャラドスの ハイドロポンプ!
しかしフリーザーは ハイドロポンプをこおらせて てきのギャラドスにうちかえした!

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:29:58.10 ID:EYdGskzU0
ギャラドス「ギシャァ!!」

ワタル「待っ…」

フリーザー「フォォォォォ!!」

フリーザーの はかいこうせん!
いちげき ひっさつ!
てきのギャラドスは こなごなにくだけちった!

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:31:59.22 ID:EYdGskzU0
ベジータ「さすが、俺の言うことを素直に聞いていたことはあるな」

フリーザー(ゲッ、食べたかったのに…でもマスターに褒められたからいいか)

ワタル「あ、あの…ちょっとトイレに」

ベジータ「俺の知り合いにバカの宇宙チャンピョンがいるが…貴様もそれに匹敵するな。バカの天下一武道会があったらどちらが優勝するかな?」

ワタル「…こうなれば俺を本気にさせてもいいようだな。逃げるなら今の内だぞ…ククク」

してんのうのワタルは プテラをくりだした!

プテラ「ギャァァァ!!」

ワタル「クククッ…プテラ、大地より授かりしその力。見せてやれ」

てきのプテラの げんしのちから!
こうかは ばつぐんだ!

ワタル「よっしゃ! プテラ、もういっちょ!!」

フリーザー「フォォォォォ!!!」

フリーザーの れいとうビームみだれうち!
こうかは ばつぐんだ!
てきのプテラは いたるところにとうしょうをおった!

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:34:22.71 ID:EYdGskzU0
プテラ「ギシャ…」

ワタル「何ッ!! ううっ、腕が疼く…」

ベジータ「さて、後は分かってるな」

フリーザー「フォォォォ!!!」

フリーザーの つつく!
てきのプテラは からだじゅういたるところつつかれ いきたえた!
フリーザーの ほしょく!

フリーザー「フォォォォ!!」

ワタル「……ウゲェェェェ!!」

ワタルは ぜっくし おうとしてしまった!

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:38:00.97 ID:EYdGskzU0
ベジータ「情けない野郎だ…」

ワタル「よよよ、よもや…お、俺をここまでやるとは。ほほ、褒めてやるぞ!」

してんのうのワタルは カイリュウ3びきを くりだした!

カイリュウ「「「リュ!!!!!」」」

ワタル「カイリュウよ… 無に還してやれ」

フリーザー「フォ!!」

フリーザーは たじゅうざんぞうけんをつかった!
てきのフリーザーは すばやさとかいひりつがぐーんとあがった!
てきのカイリュウの はかいこうせん!

きゅうしょに あたった!

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:39:34.54 ID:EYdGskzU0
ワタル「ククク…この攻撃を喰らえばひとたまりも…何ッ!」

フリーザー「フォォォォ!!」

ワタル「ぼぼぼ、僕の…じゃなかった、俺の攻撃が効いてなかったのかッ!!」

ベジータ「目障りなバカだ。さっさと止めを刺せ」

フリーザー「フォォォォォ!!!!」

フリーザーの ぜったいれいど!
てきのカイリュウたちは とうししたまま こおりのげいじゅつひんとかした!

ワタル「ま……ママ――ッ!!!」

してんのうのワタルとの しょうぶにかった!

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:42:41.07 ID:EYdGskzU0
ワタル「ぼぼぼ、僕のポケモンが…ぜ、全滅!!」

ベジータ「戻れ。…これで後はチャンピオンだな」

ワタル「俺と倒したところでいい気になるな。この先にはあのお方がいる、その力は我々四天王でも…」

ベジータ「そういえば貴様も腕に秘めた力がどうとか言ってたな。折角だから見せてみろ」

ワタル「こ、後悔するなよ!!」

てきのワタルの いかく!
しかし なにもおこらなかった!

ワタル「こ、今日は調子が悪かったんだ。ここ、後悔したな!!」

ワタルは こしがぬけたまま きたくした!

ベジータ「ヤムチャ以下の野郎なんて始めてだな」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:48:26.12 ID:EYdGskzU0
ミュウツー(おめでとうございます)

ベジータ「……」

ベジータは ポケモンをすべてだした!▽

ミュウツー「!?」

三匹「「「クェ?」」」

ベジータ「ここからは俺一人の戦いだ。お前達は好きなところへと行くがいい……今まで俺の修行に耐え抜いてよくついてきた」

わかれのときが せまる!

ミュウツー(皆!)

3匹(((おぅ!!)))

ミュウツー「マスター! すみませんがその命令は聞けれません!! 私達は最後までマスターについて行きますッ!!」

ベジータ「……好きにしろ」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:52:17.60 ID:EYdGskzU0
~チャンピオンルーム

ベジータ「ここか…出て来い! カカロット!!」

悟空「ベジータ! 久しぶりだな!! 皆元気してっか?」

ベジータ「御託はいい! …俺と勝負しろカカロット!!」

悟空「まぁ、そう焦んなって…ん、おめぇもポケモン連れてるんか? 実はオラもだ!!」

ベジータ「何!」

ごくうは ルギアとホウオウをくりだした!

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:56:44.38 ID:EYdGskzU0
ルギア「……」

ホウオウ「……」

ミュウツー「!! お前等…」

3匹「「「クェェ!!」」」

ルギア「久しぶりだな…」

ホウオウ「お前等の気配がしないと思ったら、まさか捕まってたとは…」

ベジータ「…知り合いか?」

ミュウツー「ええ、隣の地方の伝説のポケモンです」

悟空「そうそう、暇だったんでちょっくらいってたんだ。でも心配するな、こいつらには手をださせぇから。戻っとけ!」

ごくうは ルギアとホウオウを もどした!

ベジータ「チッ、貴様と一緒だと反吐が出る。…行くぞ! 勝負だ、カカロット!!」

悟空「来い! ベジータ!!」

えいえんのライバル カカロットがしょうぶをしかけてきた!

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 12:58:25.06 ID:EYdGskzU0
悟空・ベジータ「ハアアアァァァァ!!!!!」

おや? ベジータの ようすが?
おめでとう ベジータは スーパーサイヤ人4にへんしんした!

おや? カカロットの ようすが?
おめでとう カカロットは スーパーサイヤ人4にへんしんした!

超4悟空「やっぱりお前もなれるようになったか…もう俺達に大きいも小さいもねぇ、全くの互角だ」

超4ベジータ「行くぞ!!」

ベジータのラッシュ!
しかしてきのカカロットは みごとにさばく!

てきのカカロットの とっしん!
しかし てきのカカロットのこうげきははずれた!

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:00:11.29 ID:EYdGskzU0
超4ベジータ「ハァァァァ!!」

ベジータの れんぞくエネルギーだん!

超4悟空「そりゃ!!」

てきのカカロットの かくとう!

超4ベジータ「甘い!」

ミュウツー(凄い…マスターも相手も)

超4悟空「か・め・は・め…波!!!」

超4ベジータ「ギャリック砲!!」

てきのカカロットの かめはめは!
ベジータの ギャリックほう!

2つのわざは ぶつかりあい しょうめつする!

超4悟空「ハァァァ!!!」

超4ベジータ「ウオォォォ!!!」

りょうゆう はげしいしとうをくりひろげる!▽

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:03:44.57 ID:EYdGskzU0
~数時間後

超4悟空「どうしたベジータ!」

超4ベジータ「まだまだ!!」

ミュウツー(どっちもすごい…)

フリーザー(マスター、負けないよね?)

サンダー(わからないな。どっちも互角っぽいし)

ファイヤー(もしかしたら相打ちかも)

ミュウツー(ここまでくるとわからない。私達は2人と違ってちょっと強いポケモンに過ぎないからな…)

超4悟空「ハァァァ!!」

てきのカカロットの エネルギーだん!

超4ベジータ「させるかぁぁぁ!!!」

ベジータは エネルギーだんをはじいた!
ベジータの マキシマム・クラッシャー!
しかし こうげきははずれてしまった!

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:06:05.94 ID:EYdGskzU0
超4ベジータ「やるな…」

超4悟空「お前もな…」

たがいに なまきずがたえないなかで とつぜんごうおんがなりひびく!

超4悟空「待て! ベジータ!! 何か来る――」

超4ベジータ「何だと!!」

ブロリー「カカロット!!!!」

あっ、やせいの ブロリーがあらわれた!

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:12:16.18 ID:EYdGskzU0
超4ベジータ「こ、こいつは…」

超4悟空「ブロリー…しかも以前よりも気がでけぇ!!」

超4ベジータ「チッ! どうして…どうして俺がカカロットと戦う時はこう邪魔が多いんだぁぁぁ!!!!!」

超4悟空「ベジータ!!」

ベジータの とっしん!
しかし てきのブロリーにはぜんぜんきいていない!

ブロリー「カカロット!!!」
超4ベジータ「うぉぉぉ!!!!」

ブロリーの パンチ!
ベジータは ふきとばされてしまった!

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:12:58.28 ID:YUftG2le0
ただのパンチつええwwwwwwwww

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:16:44.81 ID:EYdGskzU0
ミュウツー(マスター!!!)

超4ベジータ「クッ、相変わらずの化け物ぶりだ!!」

超4悟空「あの野郎…前のパワーアップした一星龍よりも気が大きい。オラたちじゃ点で相手になんねぇ!!」

超4ベジータ「ということは…チッ、またあれをするのか」

超4悟空「だな、それにしてもよくする気になったな。最高だぜ」

超4ベジータ「勘違いするなカカロット。こいつを片付けたらまた再開だ」

超4悟空「…ああ!」

ブロリー「カカロット!!!」

ブロリーの タックル!
しかし こうげきははずれた!

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:19:42.10 ID:EYdGskzU0
超4悟空「これじゃフュージョンできねぇ!」

超4ベジータ「チッ、このままじゃ…」

ミュウツーの サイコキネシス!

ブロリー「ウガッ!!!」

ミュウツー「ハアァァァ!!」

ファイヤー「ゴォォォォ!!」

ファイヤーの かえんほうしゃ!

ブロリー「グオッ!」

サンダーの 10まんボルト!

サンダー「グエェェェ!!」

フリーザーの れいとうビーム!

ブロリー「カカ…ロット……!!」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:21:12.09 ID:EYdGskzU0
超4ベジータ「お前等!! 何をしてる!!!」

ミュウツー「私達が時間を稼ぎます!! マスターたちは…早く!!」

超4悟空「ベジータ! こいつ等のためにも早くしようぜ、お前のポケモンなんだろ!!」

超4ベジータ「…よし、行くぞカカロット!!」

超4悟空・超4ベジータ「フュー~ジョン!……波!!!」

カカロットとベジータは フュージョンした!

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:32:58.15 ID:EYdGskzU0
ブロリー「カカロット!!!」

てきのブロリーは きあいをいれた!
てきのブロリーは ミュウツーたちをふきとばした!

ミュウツー「うおおおぉぉぉぉ!!!!」

3匹「「「グェェェェェ!!!」」」

ブロリー「カカロット!!!」

???「俺は悟空でもベジータでもない… 俺はお前を倒すものだ!!」

ゴジータが あらわれた!

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:39:49.15 ID:EYdGskzU0
ミュウツー「マスター…」

3匹「「「グエェェ…」」」

ブロリー「うおおおおおおおお!!!!!!」

てきのブロリーの きこうは!
しかしてきの ブロリーのこうげきははずれた!

ブロリー「うおおおおおお!!! カカロット!!!!!!!!」

てきのブロリーの かくとう!
しかしゴジータには まったくきいていない!

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:41:50.89 ID:EYdGskzU0
超4ゴジータ「ハァァァァァァ!!!!」

ゴジータの かくとう!
きゅうしょに あたった!

ブロリー「グオオオオ…」

超4ゴジータ「ブロリー! 地獄へ送り返してやるぜ!! ビックバン・かめはめ波!!!」

ゴジータは きをためている!
ゴジータの ビックバン・かめはめは!
いちげき ひっさつ!

ブロリー「ぬおおおおお!!! カカロットーーーー!!!!!!!」

ブロリーは しょうめつした!
ゴジータは 785120のけいけんちをてにいれた!

ゴジータの フュージョンがとけた!

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:46:02.28 ID:EYdGskzU0
超4ベジータ「ハァハァ…」

超4悟空「やっぱこrでフュージョンすると体力食うな…」

超4ベジータ「さて…邪魔者は消えた! 最後の勝負だカカロット!!!」

超4悟空「望むところだ! ベジータ!!」

超4悟空・超4ベジータ「ハアアアアァァァァァァ!!!!!!!!!!!!」

てきのカカロットは きをためている!
てきのベジータは きをためている!

超4悟空「10倍かめはめ波!!!!」

超4ベジータ「ファイナル・シャイン・アタック!!!!!」

てきのカカロットの 10ばいかめはめは!
ベジータの ファイナル・シャイン・アタック!

2つのわざが きょうだいなごうおんとともに ぶつかりあう!▽

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:50:21.73 ID:EYdGskzU0
超4悟空「クククッ…」

超4ベジータ「ハァァァ…」

サンダー(頑張れマスター…)

フリーザー(怖いところがかなりあったけど…)

ファイヤー(あんたならやってくれる…)

ミュウツー(あなたは私達のマスターだから!!!)

超4ベジータ(俺は今まで…カカロットに勝負を挑んできた。そしてこれが俺の最後の戦いになるだろう…)

超4ベジータ「これで…最後だぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

超4悟空「!!」

ベジータは さいごのちからをふりしぼった!

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:51:28.43 ID:EYdGskzU0
超4悟空「オ、オラの…負けだ……」

てきのカカロットは たおれた!
ベジータは 85412のけいけんちをてにいれた!
ベジータは カカロットとの ながくはげしいたたかいに しょうりした!

ベジータ「勝った…… 俺はついにカカロットに勝ったぞ!!!!!!!」

オオキド「おめでとう、ベジータ!」

オオキド「ベジータよ。ここまでよく戦い抜いた、これからはお前がポケモンリーグ、新チャンピオンじゃ!」

ミュウツー「マスター! おめでとうございます!!」

3匹(((クェェェ!!)))

悟空「へへへ…意外だぜ、ベジータがポケモンと仲良くやってる」

ベジータ「…そんなもの俺はいらん! こんなんで頂点など誰でも出来る」

オオキド「!? しかし現にポケモンと共に…」

ベジータ「こいつらはそこらにうじゃうじゃいるのとは違う!」

オオキド「そ、そうか…」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:52:46.64 ID:EYdGskzU0
ベジータ「カカロット! もっと修行を積んで強くなって俺に挑んでこい!!!!」

悟空「ああ! またやろうぜ」

ベジータ「さて…お前達! 今度は貴様等がカカロットを越えるまで修行を続けるぞ、いいな!!」

4匹「「「「!!!」」」」

ミュウツー(またあの地獄の日々が始まるのか…)

フリーザー(今度は優しく教えてもらえないかなぁ…)

サンダー(痛いのはこりごり…)

ファイヤー(死ななければいいけどなぁ…)

ベジータ「ハハハハハッ!!! ポケモンゲットだぜ!!!!!」

ベジータは めいじつともに チャンピオンになった!
ベジータの ものがたりは まだまだつづく▽

END

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 13:54:28.80 ID:9+eo809tO
乙です

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 14:02:32.94 ID:LhJs1X/cO
いやー
完結まで読めてよかった

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 14:08:06.70 ID:SZ1ov6kT0
>>65
まったく同意ですわ
乙でした

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 14:10:39.61 ID:EYdGskzU0
おまけ 

ベジータ
現ポケモンマスターとして認知
修行方法は実力主義のスパルタ方式

ミュウツー
せいかく・慎重
なんだかんだでマスター思い。
得意の超能力でベジータをサポート、ボールの中での会話も可能

一番強いため3匹のまとめ役

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 14:12:20.15 ID:EYdGskzU0
フリーザー
せいかく・素直
ミュウツーに次ぐ、マスター思い。
ベジータの言う事を一番聞いていたためか戦い方もベジータ似
そのお陰か、ベジータに褒められた回数は多い
好きな食べ物はフシギバナ

サンダー
せいかく・のんびり屋
食欲旺盛、バトル中は電撃を駆使して焼いて食べるのを好む
飛行速度は3匹の中では一番早い
好きな食べ物はカメックス

ファイヤー
せいかく・お調子者
褒めればすぐに調子に乗るため、ベジータからのお仕置きの回数はダントツ
得意の炎で絶妙な焼き加減に仕上げる
好きな食べ物はリザードン

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 14:13:17.30 ID:gGx2owQx0
好きな食べ物御三家とかグロいな

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 14:13:55.14 ID:EYdGskzU0
各著名人からのコメント

タケシ「死なずにすんだか…おめでとう」

カスミ「なんであいつがチャンピオンなのよ!!」

マチス「OH~!! 何かのマチガイです!!」

エリカ「ふぅ~…お強かったですからね」

キョウ「もはやコメントはござらん。そういえば1人亡くなったため四天王の誘いがあったわ」

ナツメ「彼ならやってくれると信じてた。…また会って見たいわ」

カツラ「伝説は卑怯」

カンナ「彼に負けないぐらいのポケモンを育てる!」

シバ「あれから、サワムラーを見つけました。彼には向こうで作った妻と子供に囲まれて暮らしています。どうしましょう、みのさん?」

ワタル「フフフ…あの時はただ調子が悪かっただけだ。組織の者が奴を始末することだろう……」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 14:18:06.24 ID:EYdGskzU0
以上です
沢山の支援と感想をありがとうございました。誤字脱字はすみません…
普通に決着をつけずにやろうと思ったんですが、ここまで来たのでこういう形になりました

ちなみに過去にはポケモンを題材にしたハルヒスレでらきすたのこなたとかがみを題材にした
ポケモンSSをかいていました

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 15:59:58.70 ID:l9O58qBx0
4匹が、マスターについていくと決心したシーンは感動ものだた。

とりあえず、乙です!

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 17:12:43.69 ID:alGIzEnfO
ナツメフラグは……いや、なんでもない

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 18:17:43.49 ID:HE8igZbCO
ヤムチャからのコメントがない件について

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/20(月) 18:32:23.31 ID:EYdGskzU0
>>93
ヤムチャさんは病院のベッドの上でコメントが取れませんでした><
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2chmatomeblog.blog67.fc2.com/tb.php/118-32c7cfd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。