2ちゃんねるまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:11:37.20 ID:lbChm+q90
姫「む、魔王を名乗るのならば強奪くらいしては如何ですか」

魔王「お前の食いかけなどいらぬ」

姫「今なら私がたあっぷりと唾液をかけてあげましょう」

魔王「それがサービスになると思うのか」

姫「美少女の唾液をジョッキで所望する男も多いと聞きますが」

魔王「明らかに、お前の偏見だ」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:17:03.15 ID:lbChm+q90
姫「ああ」

魔王「何だ」

姫「不能なのですね」

魔王「……」

姫「何をするのですか?!私の肉を返しなさい!!今すぐに!!」

魔王「ぱくぱくごくり」

姫「あーーーーーーっ!!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:21:42.02 ID:lbChm+q90
姫「ああ……私の厚切りステーキが……」

魔王「ここに来て初めて流した涙が肉の追悼とは」

姫「許しません!損害と賠償と土下座と地位と名声と富を要求します!」

魔王「勝手に言っていろ」

姫「もしくは食後のデザートとしてケーキアイスクリームハニートーストシャンパンクッキータルトポテチうまい棒ぽたぽた焼きなどを要求します!!」

魔王「まだ食うのか」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:24:19.16 ID:lbChm+q90
姫「やはりポテチは関西だし醤油に限ります」

魔王「私はのり塩だな」

姫「のり塩を選ぶのは童貞の証拠です」

魔王「どういう根拠だ」

姫「童貞のほぼ100%がのり塩味を食べたことがあります」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:26:11.38 ID:lbChm+q90
魔王「お前は食ったことがないのか」

姫「私は童貞ではありませんからね」

魔王「童貞でも困るがな」

姫「ああ、すみません」

魔王「何だ唐突に」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:26:12.01 ID:EWzoTBgD0
ガーリックだろ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:27:35.27 ID:+incXPZy0
コンソメパンチが至高

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:29:44.99 ID:lbChm+q90
姫「私の下半身には棒がついてはおりませんので、ご期待に沿えず申し訳ないかなと思い形のみの謝罪をしました」

魔王「よし聞こう。私は何を期待していたと言うのだ」

姫「私が所謂『男の娘』で前の童貞かつ後ろの処女という一粒で二度おいしい」

魔王「よし黙れ」

姫「もがもが」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:33:48.80 ID:lbChm+q90
姫「ぷは」

魔王「いいか、私に男色の趣味はない」

姫「あまりに女性に相手にされないと、幼い少女や男に走ると聞き及びますが」

魔王「誤った情報だ。どこで仕入れた」

姫「こっそりメイドに買いに行かせたゴシップ女性誌です」

魔王「現物がここにあれば、今度は私が破いてやったものを」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:35:18.07 ID:lbChm+q90
魔王「全く。お前は帰りたいとも言わないのか」

姫「城よりこちらの方が楽しそうですからね」

魔王「気楽なものだな」

姫「どうせ私が帰ったところで喜ぶ者などいませんから」

魔王「どういう意味だ」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:37:06.42 ID:lbChm+q90
姫「私は下賎な妾腹の子。皆に疎まれ蔑まれる、望まれずして生を受けた姫君なのです」

魔王「……そうか」

姫「ふふん。どうです、魔王を自称する貴方でも同情を寄せざるを得ないでしょう」

魔王「失敗だ」

姫「はい?」

魔王「そのようなどうでもいい者を攫ってしまったなどと……魔王失格だ……」

姫「おやおや」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:38:28.53 ID:lbChm+q90
姫「童貞はこれだから。生い立ちを告白した傷心の女性を慰める言葉一つ操れないとは」

魔王「傷心の男を慰めるのも、女の仕事ではないのか」

姫「そうかもしれません。ただしイケメンに限る」

魔王「……」

姫「自称魔王様は硝子の心をお持ちのようで」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/05(土) 02:39:47.80 ID:lbChm+q90
姫「鬱陶しいので、塞ぎ込むなら出て行ってくれませんか」

魔王「嫌だ」

姫「何故ですか」

魔王「ここで出て行くと、負けだ」

姫「見えない敵と戦わないでください」

魔王「私の敵はお前だ。間違いなく」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2chmatomeblog.blog67.fc2.com/tb.php/127-4216ff82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。