2ちゃんねるまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 12:10:28.94 ID:wIDPVtPHO
シルバー「エンジュから一番近いのは……アサギシティか、タンバシティにも行かなきゃいけないしな」

シルバー「よし、じゃあアサギシティに……」

おや……!

シルバー「なっ……!?」
てんてんてんてんてんてんてんてー

シルバー「タマゴが光りだした……!」

てんてんてんてんてんてんてんてー

シルバー「まさか……」

てんてんてんてんてんてんてんてー

シルバー「産まれるのか……?」

てんてんてんてんてー

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 12:11:50.90 ID:ydj2Iaet0
bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 12:12:02.07 ID:rUO8JPYp0
bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 12:12:10.98 ID:9kr2S5RP0
bbbbbbbbbbbbbbbbbb

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 12:15:44.72 ID:TrH64pUY0
お前らキャンセルすんなww





328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 12:16:58.84 ID:wIDPVtPHO
タマゴからヨーギラスがうまれた!

シルバー「ヨーギラス……?」

ヨーギラス「よー」

シルバー「ふん、中々かわいい奴だな……気に入った!」

シルバー「行くぞ、ヨーギラス!俺に着いてこい!」

ヨーギラス「よー」

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 12:29:40.99 ID:wIDPVtPHO
アサギシティ

シルバー「アサギシティか……なんだ?この街にも塔……いや、あれはビルと呼んだ方がいいか」

シルバー「まあ、いい……とりあえずジムに行くか」

シルバー「……」

シルバー「留守にしてる……だと……?」

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 12:37:14.53 ID:wIDPVtPHO
シルバー「……しょうがない、先にタンバシティに行くか」

シルバー「ジムリーダーが不在とか……全くジョウトのジムリーダーはどうなってるんだ」

シルバー「……そういえば、親父も長らくジムを空けてたらしいな」

シルバー「……親父みたいな奴じゃないことを祈るか」

シルバー「よし、タンバシティに行くぞ!シードラ、なみのりだ!」

シードラ「どらー」

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 12:48:45.05 ID:wIDPVtPHO
タンバシティ

シルバー「ほとんど砂浜だな……とっととジムに行くか」

タンバジム

シジマ「ダーッ!」

………

……



シルバーはジムリーダーのシジマとのしょうぶにかった!

シルバーはショックバッジをてにいれた!

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 12:50:00.66 ID:lOIWCOWm0


相変わらずの省略w


340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 12:56:37.77 ID:wIDPVtPHO
シルバー「よし、アサギに戻るか……ジムリーダーも戻ってきてるだろう」

奥さん「あら、そのバッジ……旦那を倒したのね?」

シルバー「ああ、そうだが?」

奥さん「アサギまでなみのりで戻るのは大変でしょ?これ使って」

シルバーはひでんマシン02をてにいれた!

シルバー「そらをとぶか……これは使えそうだな」

奥さん「頑張ってね、トレーナーさん!それから……」

奥さん「おばさんの相手もしてかない?」ニコッ

シルバー「え……ちょっと待て!……は、離せ!」

奥さん「さあ、こっちよ?」ニコッ

シルバー「うわあああああああああっ!」

てんてんてててーん

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 13:11:12.39 ID:wIDPVtPHO
奥さん「また遊びに来てねー!」

シルバー「……」

シルバー「……もう二度と来るものか」

シルバー「アサギに戻ろう……ゴルバット、そらをとぶ……」

シルバー「……あれは悪夢だったんだ」

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 13:25:12.23 ID:wIDPVtPHO
アサギシティ

シルバー「気を取り直してアサギジムに行くか……はあ……」

アサギジム

シルバー「開いてはいるが中に人は……いた」

シルバー「おい、お前!」

ミカン「はい?」

シルバー「ここのジムリーダーはどこに行ったか知らないか?」

ミカン「アサギジムのジムリーダーなら私ですよ」

シルバー「お前……なのか?」

ミカン「ええ、私です」

シルバー(こいつ……明らかに俺より年下だよな)

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 13:35:52.83 ID:wIDPVtPHO
ミカン「あ……自己紹介まだでしたね」

ミカン「私の名前はミカン、使うポケモンははがねタイプです」

ミカン「あ、あの……はがねタイプってご存知ですか?」

ミカン「最近見つかったばかりのポケモンのタイプなんですよ」

ミカン「あ、あの……では、はじめますね」

ジムリーダーのミカンがしょうぶをしかけてきた!

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 13:43:38.83 ID:JztouetSO
あれ?レッド主人公の時にコイルが鋼タ……うわなにをするやめ(ry

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 13:46:53.64 ID:wIDPVtPHO
シルバー(このミカンとかいう女、一方的に話してきたが……俺ははがねタイプを知っている)

シルバー(……このバトルも俺がもらったな!)

ミカン「いけ、コイル!」

シルバー「いけ、リングマ!」

リングマ「ぐまー」

ミカン「コイル、でんじは!」

リングマはまひした!

シルバー「リングマ、きりさく!」

きゅうしょにあたった!

こうかはいまひとつのようだ

ミカン「コイル、だいばくはつ!」

シルバー「なっ!?」

リングマはたおれた!

コイルはたおれた!

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 13:56:10.54 ID:LJy3Np20O
ヒメグマがいつの間にかリングマに進化していた

355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 13:58:02.80 ID:wIDPVtPHO
シルバー(この女……だいばくはつを命令するのに何一つ迷わなかった……!)

シルバー(奴の手持ちは残り三体……その中にだいばくはつが出来るポケモンがいると考えたら……)

シルバー(迂闊にマグマラシは出せない……!)

シルバー「くっ……いけ、ストライク!」

ミカン「いけ、フォレトス!」

シルバー「ストライク、つばさでうつ!」

ミカン「フォレトス、だいばくはつ!」

ストライクはたおれた!

フォレトスはたおれた!

シルバー「くっ……この女……!」

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 14:04:01.86 ID:Jv4/djkO0
ミカン鬼畜wwwwwwww

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 14:08:33.08 ID:wIDPVtPHO
ミカン「あ、あの……どうされたんですか?」

シルバー(この女……容姿と性格からはとても似合わないタイプと戦術を取りやがる……!)

シルバー(はがねタイプを知らない奴はその強固さで苦しませ……)

シルバー(知ってる奴にはだいばくはつを見せて弱点を突けるポケモンを出すのを躊躇させる……!)

シルバー(そう、こいつが得意な戦いは心理戦……!)

シルバー「……えげつない奴だ」

ミカン「え……な、なにか言われました?」

シルバー「……なんでもない」

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 14:14:53.79 ID:S6t2bZQDO
微妙にカイジ入ってる

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 14:34:43.29 ID:LJy3Np20O
ざわ…

    ざわ…

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 14:50:02.41 ID:wIDPVtPHO
シルバー(俺の残りの手持ちはマグマラシ、ゴルバット、シードラ、それにヨーギラス……)

シルバー(ヨーギラスはまだレベルが低いから話にならない……)

シルバー(それにコイルがいたってことは……おそらく奴はレアコイルも持っている……)

シルバー(そう考えるとゴルバットとシードラは確実に弱点を突かれる……)

シルバー(だが……ゴルバットとシードラならシードラの方がまだはがねタイプにダメージを与えられる)

シルバー(と言うことは、俺が次に出すポケモンは……)

ミカン「あ、あの……まだですか?」

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 22:29:23.16 ID:wIDPVtPHO
シルバー「いけ、ゴルバット!」

ミカン「いけ、レアコイル!」

シルバー(やはりレアコイルを持っていたか……ってことは最後の一匹は俺の知らないポケモンだな)

シルバー「ゴルバット、あやしいひかり!」

レアコイルはこんらんした!

レアコイルはこんらんしている!

ミカン「レアコイル、かみなり!」

きゅうしょにあたった!

こうかはばつぐんだ!

ゴルバット「顔デカイからや!顔デカ(ry」

ゴルバットはたおれた!

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 22:36:59.01 ID:wIDPVtPHO
シルバー「もどれ、ゴルバット!」

シルバー(混乱はさせた……後は運を手繰り寄せてやる!)

シルバー「いけ、マグマラシ!」

シルバー「マグマラシ、かえんぐるま!」

レアコイルはこんらんしている!

わけもわからずじぶんをこうげき!

ミカン「あ、ああ……レアコイル……」

シルバー(ここまでは順調……だがここだ……ここで失敗したら俺の負けだ……!)

レアコイルのこんらんはとけた!

ミカン「レアコイル、だい……」

シルバー(きた!)

シルバー「もどれ、マグマラシ!」

ミカン「え……?」

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 22:43:24.05 ID:wIDPVtPHO
シルバー「いけ、ヨーギラス!」

レアコイルのだいばくはつ!

ヨーギラス「よー」

ヨーギラスはたおれた!

レアコイルはたおれた!

ミカン「代わりのポケモンを盾にした……酷いですよ……」

シルバー「だいばくはつを躊躇なく命令するお前よりマシだな」

ミカン「そ、そんなこと……ないです」

シルバー「まあいい……いけ、マグマラシ!」

マグマラシ「まぐー」

ミカン「いけ、ハガネール!」

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 23:05:45.81 ID:wIDPVtPHO
シルバー「マグマラシ、かえんぐるま!」

こうかはばつぐんだ!

ミカン「ハガネール、じしん!」

こうかはばつぐんだ!

マグマラシ「まぐー」

マグマラシはたおれた!

シルバー「くっ……もどれ、マグマラシ!」

シルバー「いけ、シードラ!」

436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 23:11:17.79 ID:wIDPVtPHO
シルバー「シードラ、なみのり!」

こうかはばつぐんだ!

ハガネールはたおれた!

ミカン「もどれ、ハガネール……負けちゃいましたね」

シルバーはジムリーダーのミカンとのしょうぶにかった!

シルバー(……わざマシンを使ってたり、心理戦で挑んできたり……こいつはかなり強かったな)

シルバー(ハガネールがはがね・じめんタイプだったからよかったものの……もしレアコイルだったら危なかった)

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 23:18:23.16 ID:wIDPVtPHO
ミカン「おめでとうございます……あ、あの……これどうぞ」

シルバーはスチールバッジをてにいれた!

シルバー「……これで残り2つか」

ミカン「あ、あの……これもどうぞ!」

シルバーはメタルコートをてにいれた!

シルバー「……何だ、これは?」

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 23:41:22.43 ID:wIDPVtPHO
ミカン「そのメタルコートをポケモンに持たせると進化することがあるんです」

ミカン「私のハガネールもイワークにメタルコートを持たせたら進化したんです」

シルバー「そうなのか」

ミカン「はがねポケモンは魅力的ですけどまだまだ数は少ないんです……

ミカン「だから、私に勝ったトレーナーさんにはこれをお配りしてるんです!」

シルバー「そうか……精々頑張れよ」

ミカン「あ、あの……シルバーさんも頑張って下さい……!」

シルバー「……ああ」

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 23:47:55.06 ID:wIDPVtPHO
てんてんてててーん

シルバー「よし、回復も済んだ……行くか」

シルバー「次はチョウジタウンか……一度エンジュまで戻るのか」

ゴールド「よっ、シルバー!」

シルバー「ゴールド!?……何故ここにいる?」

ゴールド「アサギジムに入る所を見かけたからな、待ち伏せしてみたんだよ」

シルバー「貴様から俺に話しかけてくるとは……何が目的だ?」

460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 23:59:22.17 ID:wIDPVtPHO
ゴールド「お、察しがいいな!……お前さあ、ミカンちゃんどう思う?」

シルバー「……はあ?」

ゴールド「いや、色々あるだろ……かわいいとかかわいいとかかわいいとか」

シルバー「……かわいいしか言ってないぞ」

ゴールド「くそっ……バレたか!」

シルバー「……つまり何が言いたい?」

ゴールド「俺とミカンちゃんの仲を取り持ってくれ!」

シルバー「……下らん!ゴルバット、そらをとぶ!」

ゴールド「まあまあ!ちょっと落ち着けよ!」

487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 01:12:25.88 ID:qYsRQLIGO
シルバー「ゴールド、貴様には失望した……もう少し落ち着いた男だと思ってたんだがな」

ゴールド「おいおい、人を第一印象で決めるなよ……」

ゴールド「確かに俺もお前に初めて会った時はいけすかない男だと思ったぜ?」
ゴールド「少し暗かったせいで俺よりイケメンに見えたしな……」

ゴールド「まあ、今見ても俺の次くらいにイケメンなのは認めてやるよ」

ゴールド「それにこの前会った時はクリスがいたしな、クールにキメてたんだよ」

シルバー(……さっきから何言ってるんだこいつは?)

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 01:19:34.10 ID:qYsRQLIGO
ゴールド「まあ、何が言いたいかと言うとだな……俺は女の子が大好きなんだよ!」

シルバー「……は?」

ゴールド「特にミカンちゃんみたいなかわいくて清純な娘は俺のどストライクなんだよ!」

ゴールド「だから、頼むよシルバー!……さっきお前ミカンちゃんと仲良く話してたろ?」

シルバー「……断る!第一女ならクリスタルでいいだろ!」

ゴールド「確かにクリスは友達としてはいい奴だ……だが、俺と同い年だし胸に無駄な肉が付きすぎてる!」

シルバー(……俺は今までこんな男に負けてたのか)

495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 01:30:45.88 ID:qYsRQLIGO
シルバー「それにあのミカンという女、だいぶ年下に見えるんだが……」

ゴールド「ミカンちゃんは12歳らしい、俺は18だからピッタリじゃないか!」

ゴールド「コガネのアカネちゃんは15だったが男慣れし過ぎだ……ツクシは女だったら最高だった」

シルバー「……やはり俺はもう行く!付き合いきれん!」

ゴールド「ちょ!?ま、待てよ!お前にもメリットがあるからさ!」

ゴールド「ミカンちゃんに勝ったならメタルコートもらったんだろ?……お前のポケモンにもいるぜ、進化する奴」

シルバー「……なに?」

シルバー(……ってか、ツクシは男だったのか……)

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 01:46:09.03 ID:qYsRQLIGO
シルバー「……どいつだ?」

ゴールド「ストライクだ……だけど、ただ持たせても進化はしない」

ゴールド「そのポケモンが一度別のトレーナーの手に渡らなきゃいけないんだ」

シルバー「……何故別のトレーナーの手に渡らなきゃいけないんだ?」

ゴールド「それは俺にもわからない、ただ俺もイワークを進化させたかったんだからちょうどいいだろ?」

シルバー「……わかった、試してみるか」

506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 01:52:32.40 ID:qYsRQLIGO
ストライクはハッサムにしんかした!

シルバー「本当に……進化した……!」

ゴールド「な?俺の言ったとおりだろ?」

シルバー「ああ……確かにそうだったみたいだな。ほら、貴様のハガネールだ」

ゴールド「やだ」

シルバー「……は?」

ゴールド「シルバー……お前交換条件って言葉知ってるだろ?今からこれ持ってミカンちゃんに見せ行くんだよ!」

ゴールド「ちゃんと返してやるから着いてこい!」

シルバー「なっ!?ま、待て!ゴールド!」

535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 09:44:55.27 ID:qYsRQLIGO
アサギジム

ミカン「まあ、かわいらしいハッサム……あ、あの……シルバーさん?触ってもいい、ですか?」

シルバー「……ああ」

ゴールド「……」

ミカン「ハッサム、すごいきれいな身体してますね……シルバーさんのお役に立ててよかった」

シルバー「……こちらこそ礼を言う」

ゴールド「……」

ゴールド(何故こうなった)

538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 09:54:30.30 ID:qYsRQLIGO
ミカン「じゃあ……ゴールドさん、シルバーさん、頑張って下さいね」

ゴールド「……バイバイ」

シルバー「じゃあな」

ゴールド「……」ギロッ

シルバー「……なんだ、何故睨むんだ?」

ゴールド「……俺やっぱお前嫌い」

シルバー「……はあ?」

ゴールド「俺とミカンちゃんの仲を取り持つどころか、仲睦まじげに話すところを見せつけやがって……!」

シルバー「おい、俺はそんなことしてないだろ」

ゴールド「うるせぇ!やっぱ女の子以外は俺の敵だ!バトルするぞ!」

シルバー「何故そうなる……だが、バトルなら俺も望むところだ!」

ポケモントレーナーのゴールドがしょうぶをしかけてきた!

540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 10:06:22.12 ID:qYsRQLIGO
ゴールド「いけ、ヨルノズク!」

シルバー「いけ、ヨーギラス!」

ヨーギラス「よー」

ゴールド「ヨルノズク、さいみんじゅつ!」

しかしヨルノズクのこうげきははずれた!

ゴールド「おい!?」

シルバー「ヨーギラス、いわなだれ!」

きゅうしょにあたった!

ヨルノズクはたおれた!

ゴールド「やるじゃねえか、ゴールド……!もどれ、ヨルノズク!」

541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 10:08:29.57 ID:Y5iBs2C2O
やられておいて自画自賛w

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 10:13:08.51 ID:qYsRQLIGO
ゴールド「いけ、キレイハナ!」

シルバー「キレイハナか、そんな軟弱そうな奴で!ヨーギラス、あばれる!」

ヨーギラス「よーよー」

ゴールド「綺麗なバラにはトゲがあるって知らないのか?キレイハナ、はなびらのまい!」

こうかはばつぐんだ!

ヨーギラスはたおれた!

シルバー「もどれ、ヨーギラス!」

シルバー「確かに破壊力はあるみたいだが……くさタイプなんだろ?なら、平気だ」

シルバー「いけ、ゴルバット!」

ゴルバット「ごるばー」

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 10:16:08.19 ID:MpZVyoV/O
相変わらずポケモンの鳴き声がかわいいww

547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 10:18:54.52 ID:qYsRQLIGO
ゴールド「ゴルバットか……」

ゴールド(むやみに代えて状態異常をもらう必要もない……奴にはほのおタイプもいるしな)

ゴールド「キレイハナ、そのままいけ!」

キレイハナのはなびらのまい!

こうかはいまひとつのようだ

シルバー「ゴルバット、つばさでうつ!」

こうかはばつぐんだ!

キレイハナのはなびらのまい!

こうかはいまひとつのようだ

つかれはててキレイハナはこんらんした!

548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 10:25:48.09 ID:qYsRQLIGO
シルバー「ゴルバット、つばさでうつ!」

こうかはばつぐんだ!

キレイハナはたおれた!

ゴールド「もどれ、キレイハナ!いけ、ハガネール!」

シルバー(ハガネールか……厄介な奴がここで来たか)

シルバー「ゴルバット、あやしいひかり!」

ハガネールはこんらんした!

ハガネールはこんらんしている!

ゴールド「ハガネール、いわおとし!」

きゅうしょにあたった!

こうかはばつぐんだ!

シルバー「なっ!?」

551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 10:34:19.11 ID:qYsRQLIGO
ゴルバット(顔デカイからや!顔デカイから急所に当たるんや!)

ゴルバットはたおれた!

シルバー「チッ……もどれ、ゴルバット!」

シルバー「いけ、シードラ!」

シードラ「どらー」

シルバー「シードラ、なみのり!」

こうかはばつぐんだ!

ハガネールはたおれた!

ゴールド「もどれ、ハガネール!」

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 10:41:56.62 ID:qYsRQLIGO
シルバー(数の上では有利だが……油断出来ない……!)

ゴールド「シルバー、こっからの三匹は俺のポケモンの中でも特に自信のあるポケモンだ……」

ゴールド「一筋縄ではいかないぜ……いけ、デンリュウ!」

シルバー「シードラ、なみのり!」

ゴールド「デンリュウ、かみなりパンチ!」

こうかはばつぐんだ!

シードラはたおれた!

シルバー(シードラを一撃で……!)

シルバー「もどれ、シードラ!」

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 10:52:29.18 ID:qYsRQLIGO
シルバー「いけ、リングマ!」

リングマ「ぐまー」

シルバー「リングマ、きりさく!」

ゴールド「デンリュウ、かみなり!」

きゅうしょにあたった!

リングマはたおれた!

シルバー「……もどれ、リングマ!」

シルバー(状況が……逆転した……!?)

560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 11:03:19.46 ID:qYsRQLIGO
シルバー「いけ、ハッサム!」

ハッサム「さむー」

ゴールド(デンリュウはだいぶ削られてるな……)

ゴールド「デンリュウ、でんじは!」

ハッサムはまひした!

シルバー「ハッサム、つるぎのまい!」

ゴールド「積んできた!?くっ……デンリュウ、かみなり!」

しかしデンリュウのこうげきははずれた!

ゴールド「おい!?」

シルバー「もらった!ハッサム、きりさく!」

デンリュウはたおれた!

561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 11:16:40.17 ID:qYsRQLIGO
ゴールド「もどれ、デンリュウ!」

ゴールド「残り二匹同士か……」

シルバー「ああ、そうだ……」

ゴールド(あのハッサムを攻略出来なきゃ俺の負けだ……だがいけなくはない……)

シルバー(ハッサムを倒されたら厳しい……奴にはまだみずタイプのポケモンがいる……)

ゴールド(勝負の明暗は……!)

シルバー(ここで分かれる……!)

ゴールド「いけ、ヘラクロス!」

566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 11:46:25.88 ID:qYsRQLIGO
ゴールド「ヘラクロス、こらえる!」

ヘラクロスはこらえるたいせいにはいった!

シルバー「ハッサム、つばさでうつ!」

こうかはばつぐんだ!

シルバー「ギリギリで耐えられた……!?」

シルバー「くっ……とどめをさせ!ハッサム、でんこうせっか!」

ハッサムはからだがしびれてうごけない!

シルバー「なっ!?」

ゴールド「いっけええ!ヘラクロス!きしかいせい!」

ハッサムはたおれた!

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 11:50:33.85 ID:qYsRQLIGO
シルバー「……もどれ、ハッサム!」

シルバー(何故だ……)

シルバー「いけ、マグマラシ!でんこうせっか!」

ヘラクロスはたおれた!

シルバー(何故こんなふざけた奴に……)

ゴールド「もどれ、ヘラクロス!いけ、オーダイル!」

ゴールド「オーダイル、なみのり!」

こうかはばつぐんだ!

マグマラシはたおれた!

シルバー「……勝てないんだ」

シルバーはポケモントレーナーのゴールドとのしょうぶにまけた!

656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 21:26:11.25 ID:qYsRQLIGO
ゴールド(危なかった……紙一重って奴だったな)

ゴールド(次は負けてもおかしくない……だけど)

ゴールド「何度やってもお前は俺に勝てないんだよ!シルバー!」

シルバー「……」

ゴールド「俺は先に行く、じゃあな」

ゴールド(次会った時は負けるかもしんない……しばらくおとなのおねえさんたちとの遊びは控えよう)

ゴールド(……でも、今度のミニスカートちゃんたちとの遊びには行かなきゃな)

658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 21:29:43.44 ID:qYsRQLIGO
てんてんてててーん

シルバー「……くそっ!」

シルバー「奴と俺の差は一体何なんだ……!」

シルバー「……わからない」

シルバー「……次のジムに行こう、次はチョウジタウンだったな」

シルバー「ゴルバット、そらをとぶ!エンジュまで飛べ!」

ゴルバット「ごるばー」

661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 21:39:07.21 ID:qYsRQLIGO
エンジュシティ

シルバー「……やけた塔、か」

シルバー(ルギアが言ってた俺にトレーナーとして一番欠けているもの……)

シルバー(もしやそれがゴールドとの差なのか……)

クリス「あ!シルバーじゃない!」

663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 21:43:41.62 ID:qYsRQLIGO
シルバー「……クリスタルか」

クリス「クリスでいいって言ったでしょ?どう、バッジは順調に集まってるの?」

シルバー「……ああ」

クリス「なんか暗いわね?……そうだ!この前した約束を果たしましょ!」

シルバー「……約束?」

クリス「忘れたの?バトルよ、バトル!」

シルバー「……悪いが俺は今そんな気は……」

クリス「ごちゃごちゃ言ってないでとっととやるの!」

ポケモントレーナーのクリスタルがしょうぶをしかけてきた!

666 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 21:51:53.28 ID:qYsRQLIGO
クリス「いけ、レディアン!」

シルバー「……いけ、ヨーギラス!」

ヨーギラス「よー」

クリス「レディアン、しんぴのまもり!」

シルバー「ヨーギラス、いわなだれ!」

ヨーギラス「よー」

こうかはばつぐんだ!

レディアンはたおれた!

クリス「もどれ、レディアン!」

667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 21:56:17.18 ID:qYsRQLIGO
クリス「いけ、ソーナンス!」

シルバー「ヨーギラス、かみつく!」

こうかはばつぐんだ!

クリス「ソーナンス、カウンター!」

こうかはばつぐんだ!

ヨーギラスはたおれた!

シルバー「……もどれ、ヨーギラス!」

クリス「どう?カウンターって食らわせた攻撃を倍返しにする面白い技でしょ!」

670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 22:05:28.80 ID:qYsRQLIGO
シルバー(倍返し……下手な火力なら逆にやられるってことか)

シルバー「……いけ、ハッサム!」

ハッサム「さむー」

クリス「ハッサムね……ソーナンス、みちづれ!」

シルバー「ハッサム、きりさく!」

きゅうしょにあたった!

ソーナンスはたおれた!

ハッサムはみちづれにされた!

シルバー「……なに……!?」

672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 22:14:33.17 ID:h5eN0u450
ミカンといいクリスといい、
なかなか戦術ができてるww

674 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 22:17:04.33 ID:qYsRQLIGO
シルバー「……いけ、ゴルバット!」

ゴルバット「ごるばー」

クリス「いけ、マグカルゴ!」

シルバー「ゴルバット、あやしいひかり!」

マグカルゴはしんぴのベールにまもられてる!

シルバー「……しまった!」

クリス「戦闘に集中しなさいよ!マグカルゴ、げんしのちから!」

きゅうしょにあたった!

こうかはばつぐんだ!

ゴルバット(顔(ry)

ゴルバットはたおれた!

676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 22:20:59.95 ID:qYsRQLIGO
クリス「どうしたのよシルバー!もっと強いと思ってたのにがっかりだわ!」

シルバー「チッ……いけ、リングマ!」

リングマ「ぐまー」

シルバー「リングマ、きりさく!」

こうかはいまひとつのようだ

クリス「マグカルゴ、だいばくはつ!」

シルバー「なっ!?」

リングマはたおれた!

マグカルゴはたおれた!

クリス「……ダメ!全然集中出来てないわよ!」

682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 22:34:06.05 ID:qYsRQLIGO
クリス「アンタねぇ、どうしてそんな強いポケモンを持ってるのに勝てないかわかる?」

クリス「アンタは確かにトレーナーとしてのセンスは私よりいいのよ?でもね……」

クリス「熱さが足りないのよ!熱さが!」

シルバー「……!」

シルバー(……俺にトレーナーとして一番欠けているものは熱さだったのか……!)

クリス「やっと気づいたって顔してるわね……よし!こっからは熱さを全面に押し出してバトルするわよ!」

クリス「いけええええええええええええええええ!!ドンッファアアアアアアアアアアアアアアアアアンッ!!」

684 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 22:36:35.98 ID:Sl4ysdMoO
クリスがドモン化しやがったwww

687 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 22:43:50.44 ID:qYsRQLIGO
シルバー「……!」

シルバー(なんて馬鹿デカい声だ……!すごい迫力を感じる……!だが……)

シルバー「熱さでどうにかなるわけないだろ!」

シルバー「いけ、シードラ!なみのり!」

こうかはばつぐんだ!

ドンファンはたおれた!

クリス「ですよねー」

692 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 22:54:52.70 ID:qYsRQLIGO
シルバー「……くっ、一瞬でもそうかと思った俺が馬鹿みたいじゃないか!」

クリス「ふーん、やっぱ何か悩んでたんだ」

シルバー「なっ……!?」

シルバー(こいつ……わざとあんな茶番を……)

クリス「おっと、今はバトルの途中よ!私のエースを見せてあげるわ!」

クリス「いけ、メガニウム!」

696 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 23:00:54.40 ID:qYsRQLIGO
クリス「こっから逆転するわよ!メガニウム、にほんばれ!」

シルバー「シードラ、えんまく!」

クリス「メガニウム、ソーラービーム!」

こうかはばつぐんだ!

シードラはたおれた!

シルバー「くっ……もどれ、シードラ!」

シルバー(ゴールドとの戦いに引き続き……俺はまた負けるのか……?)

700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 23:13:10.94 ID:qYsRQLIGO
クリス「さあ、最後のポケモンを出すのよ!シルバー!」

シルバー「……いけ、マグマラシ!」

マグマラシ「まぐー」

シルバー「マグマラシ、かえんぐるま!」

ゴールド「メガニウム、のしかかり!」

マグマラシはまひした!

シルバー「くっ……ここまでか」

マグマラシ「まぐー」

マグマラシ(大丈夫、シルバー……アタイが勝たせてやるよ!)

シルバー「……マグマラシ?」

708 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 23:24:15.58 ID:qYsRQLIGO
クリス「これでラストよ!メガニウム、のしかかり!」

シルバー「マグマラシ!?」

マグマラシ「まぐまぐー」

マグマラシ(倒れるわけには……いかんのじゃああ!)

クリス「うそっ!?」

シルバー「マグマラシ、決めろ!かえんぐるま!」

メガニウムはたおれた!

クリス「メ、メガニウム……!?」

ポケモントレーナーのクリスタルとのしょうぶにかった!

おや、マグマラシのようすが……?

709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 23:25:28.78 ID:E+mMISR90
bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb

712 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 23:25:47.16 ID:7OJlfgRMO
BBBBBBBBBBB

714 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 23:27:37.00 ID:lJPelwxJO
毎度毎度キャンセルすなっつのwww

723 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 23:35:18.22 ID:qYsRQLIGO
てんてんてんてんてんてんてんてーん

シルバー「マグマラシ……!」

てんてんてんてんてんてんてんてーん

クリス「進化の光だわ……」

てんてんてんてんてんてんてんてーん

てんてんてんてんてーん

マグマラシはバクフーンにしんかした!

729 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 23:42:23.12 ID:qYsRQLIGO
バクフーン「ばくー」

シルバー「バクフーンか……猛々しいな」

クリス「いやー、まさかあの状況から負けるとはね……楽しかったわ、シルバー!」

シルバー「ああ、俺もだ」

クリス「それはそうと、アンタこの後チョウジタウンに行くのよね?」

シルバー「ああ、そうだが……」

クリス「なら、私と一緒に赤いギャラドスを見に行きましょう!」

シルバー「赤い……ギャラドス?」

742 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 00:09:15.22 ID:xwiAhv1sO
チョウジタウン

シルバー「ここがチョウジタウンか……」

クリス「さあ、いかりのみずうみはもう少し北よ!まずはこのゲートを抜けて……」

○○「おい、そこの兄ちゃんと姉ちゃん……ゲートを抜けるなら金払ってきな」

シルバー(こいつ!ヒワダにいた……!)

シルバー「おい」

○○「なんだ、兄ちゃん?」

カチャ

シルバー「ロケット団は復活したのか?」

745 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 00:15:57.92 ID:xwiAhv1sO
クリス「シ、シルバー!?」

R団員「おいおい、兄ちゃん……そんな物騒なモン……」

シルバー「答えろ!……さもなくば撃ち抜く」

R団員「へっ、仲間を売れるかよ……」

シルバー「やはり復活したのか」

R団員「あっ!このガキ……」

バンッ

クリス「シルバー!?」

746 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 00:17:55.51 ID:xwiAhv1sO
シルバー「……大丈夫だ、ただの麻酔銃だ」

シルバー「前科者になりたくなかったらとっとと行くぞ」

クリス「シ、シルバー!ちょっと待ちなさいよ!」

シルバー(ロケット団は復活している……)

シルバー(一体誰が……?)

750 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 00:23:15.48 ID:xwiAhv1sO
いかりのみずうみ

ザワ……ザワ……

シルバー「人がたくさんいるな……」

クリス「あ、赤いギャラドスだわ!」

クリス「……でも、何かと戦ってるみたいだわ?」

イエロー「ライチュウ、倒さない程度のでんきショック!」

ライチュウ「らーい」

シルバー「……あいつ、コガネで会った女!」

イエロー「いけー、ハイパーボール!」

753 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 00:30:09.09 ID:xwiAhv1sO
イエローはギャラドスをつかまえた!

イエロー「やったー、珍しいギャラドスゲット!」

シルバー「おい、貴様!」

イエロー「あ、お兄ちゃん!……隣のボインなお姉ちゃんは彼女?」

シルバー「違う!」

クリス「ボ、ボイン……!?」かぁぁ

イエロー「ふーん、まあいいや……そうだ、お兄ちゃん!ちょっと聞いて!」

754 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 00:37:24.37 ID:xwiAhv1sO
シルバー「……なんだ?」

イエロー「ちょっと耳かして!」

シルバー「あ、ああ……」

イエロー「私ここに来たのはね、ある依頼を受けたからなんだけど……お兄ちゃんも手伝って!」

シルバー「手伝うって……何を?」

イエロー「チョウジにあるロケット団のアジトを潰すの」

シルバー「なん……だと……!?」

756 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 00:42:45.14 ID:xwiAhv1sO
シルバー「お前……どこでその情報を……!」

イエロー「ミスタードラゴンっていう、龍の刺繍のはいったマントにギャラドスの顔みたいな覆面した人!」

シルバー「……そいつ、本当に大丈夫なのか?」

イエロー「うん!その人ポケモン強かったし、私が探してる人たちの情報もくれたから間違いないよ!」

イエロー「依頼もミスタードラゴンから受けたんだ!」

シルバー「……わかった、手伝ってやる」

イエロー「ありがとう、お兄ちゃん!」

クリス「……二人ともさっきから何話してるの?」

760 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 00:52:19.92 ID:xwiAhv1sO
シルバー「あ……」

イエロー「ごめんなさい、お姉ちゃん……久しぶりにお兄ちゃんと会ったからたくさんお話しちゃった!」

クリス「そう……なら、いいけど……」

クリス(シルバー、妹がいたんだ……)

イエロー「じゃあ、私もう行くね!……あ、お兄ちゃん!最後に一言!」

イエロー「……今夜チョウジのポケモンセンターで」

シルバー「……ああ」

イエロー「バイバイ!お兄ちゃん!お姉ちゃん!」

771 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 01:34:28.99 ID:xwiAhv1sO
チョウジタウン

クリス「さっきの子……シルバーの妹さんなの?」

シルバー「……まあ、そんなもんだ」

クリス「へぇー……かわいかったね」

シルバー「……そうか?」

クリス「そうよ」

シルバー「なあ、クリスタル……お前この後はどうするんだ?」

774 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 01:41:34.58 ID:xwiAhv1sO
クリス「私はフスベに行くわ、この町にもスイクンはいなかったし」

シルバー「まだ探してたのか」

クリス「当たり前よ、絶対に捕まえるんだから!」

シルバー「そうか……まあ、頑張れ」

クリス「シルバーはジムに行くんでしょ?頑張ってね!」

シルバー「ああ、じゃあまたなクリスタル」

クリスタル「バイバイ!シルバー!」

シルバー(夜までは時間があるし……先にジムに行くか)

777 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 01:52:31.39 ID:xwiAhv1sO
チョウジジム

シルバー「……」

ヤナギ「おう、ヒロシや……こっちにおいでや」

シルバー「……俺はヒロシじゃなくてシルバーだ!バッジをもらいに来た!勝負だ!」

ヤナギ「え?……なんじゃって?バッジが欲しい?」

ヤナギ「なんじゃ……ヒロシトレーナーになったのか……時が経つのは早いのお」

シルバー「……」

ヤナギ「なら持ってけや……じいちゃんからのお守りじゃ!」

シルバー(このジジイ……完全にボケてやがる……)

シルバーはアイスバッジをてにいれた!

780 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 01:54:59.71 ID:fRQoct9HO
やはり男は飛ばすのかwwww

786 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 02:07:28.27 ID:xwiAhv1sO


シルバー「……ポケモンセンターの前だったよな?」

シルバー「……まだか、イエローは?」

イエロー「あ、お兄ちゃーん!」

シルバー「……やっと来たか」

○○「君がシルバーか」

シルバー「ああ、そうだが……?」

ドラゴン「俺の名前はミスタードラゴン!ドラゴンタイプを愛する正義のヒーローだ!」

シルバー(……変態にしか見えん)

792 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 02:18:45.31 ID:xwiAhv1sO
ドラゴン「うん?そんなに見惚れてもこのマントはやらんぞ!マスクならスペアもあるし考えてやらんでもないが」

シルバー「誰がいるか!」

ドラゴン「そうか……さて、今回の作戦を君たちに伝える」

ドラゴン「これは俺が極秘に手に入れた情報だが……今夜ロケット団はコガネのラジオ塔を制圧するらしい」

ドラゴン「そこで俺と、既にコガネに行っているもう一人のトレーナーでラジオ塔の制圧を阻止する」

ドラゴン「イエローとシルバー、君たちは守りの薄くなったチョウジのロケット団アジトを制圧する、いいかい?」

イエロー「りょーかいです!」

シルバー「……ちょっと待ってくれ」

シルバー「ミスタードラゴンとか言ったな……貴様、本当に強いのか?」

796 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 02:25:50.97 ID:xwiAhv1sO
ドラゴン「何を言い出すかと思えば……俺は最強の正義のドラゴン使いだ!」

シルバー「なら、試させてもらう……いけ、リン……」

ドラゴン「カイリュー!」

シルバー「……なに!?」

ドラゴン「どうだ?三匹のカイリューに囲まれればポケモンを出すことも出来ないだろう!」

シルバー(こいつ……三匹同時に出すのが反則とかは置いといて……いつボールを3つも投げたんだ……!)

シルバー「……わかった、認める」

ドラゴン「わかればいいんだ」

イエロー「で、入り口ってどこにあるのー?」

801 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 02:33:56.44 ID:xwiAhv1sO
ドラゴン「あそこの土産屋だ」

シルバー「侵入しろってことか……」

ドラゴン「いや、そんな面倒なことはしなくていい」

シルバー「は?じゃあ、どうやって……」

ドラゴン「こうするんだ……!カイリュー、はかいこうせん!」

イエロー「うおー!」

シルバー「店が……全壊した……!?」

ドラゴン「しまった、やり過ぎたな……まあ正義だから許されるだろう」

ドラゴン「あとは任せたぞ!君たち!カイリュー、そらをとぶ!」

シルバー(あの変態……店壊した責任を押し付けやがった……!)

802 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 02:34:40.56 ID:3h2akNFo0
なんという正義

804 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 02:42:45.27 ID:xwiAhv1sO
シルバー「くっ……とりあえずさっさと済ませるぞ!人に見られたら誤解される!」

イエロー「りょーかい!」

シルバー「ここから中に入れるみたいだな……先に降りるぞ」

アジト内部

団員A「こんな時に……侵入者だー!」

団員B「捕まえろー!」

シルバー「あんだけ派手にやればバレるのも早いか……!」

イエロー「私に任せて!いけ、ゲンガー!さいみんじゅつ!」

団員A「うっ!……ぐー……ぐー」

団員B「ほっ!……すー……すー」

シルバー「おい、イエロー……」

イエロー「だって、無駄な戦闘は避けろってミスタードラゴンから言われたんだもん!」

シルバー(あんなことやっといて説得力0だろ……)

811 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 02:56:20.72 ID:xwiAhv1sO
最深部

シルバー「貴様が最後の一人だ……」

イエロー「一人だ!」

幹部「まさかこんなに早くここまで来るとはな……」

幹部「だが、既に実験は成功している!……いかりのみずうみの赤いギャラドスを見ただろ?」

幹部「あれは我々ロケット団が作った強制進化装置の電波によって進化したからなんだよ!」

シルバー「なん……だと……!?」

幹部「強制進化装置によって進化したポケモンは普通のポケモンとは色が違い狂暴だ」

幹部「破壊活動にも使えるし金儲けにも使える……素晴らしいだろう!」

幹部「まあポケモンの寿命は縮まるらしいが、そんなもん知ったこっちゃない」

シルバー「貴様……!」

817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 03:05:36.28 ID:xwiAhv1sO
幹部「ここまで来る途中の機械、あれがそうだ……

幹部「そして、今夜ラジオ塔を乗っ取っりラジオ塔から強制進化の電波を発信する……するとどうなる?」

幹部「世界中は混乱の渦に飲み込まれる!これでサカキ様もきっと戻って来られるはず!」

シルバー「イエロー……お前は機械を壊しにいけ」

イエロー「わかった!」

幹部「そんなガキ一人で行ったって無駄だ!あそこは狂暴なポケモンたちに守らせてるからな!」

シルバー「イエローを舐めるな!……それからサカキを……親父を舐めるな!」

幹部「親父?……赤髪……まさかサカキ様の息子か!何故ロケット団に楯突く!」

幹部「サカキ様の為にも……俺がおしおきしてやる!」

ロケットだんのかんぶがしょうぶをしかけてきた!

818 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 03:20:49.05 ID:xwiAhv1sO
シルバー「いけ、リングマ!」

リングマ「ぐまー!」

幹部「いけ、マタドガス!」

シルバー「リングマ、きりさく!」

幹部「マタドガス、だいばくはつ!」

リングマはたおれた!

マタドガスはたおれた!

シルバー「もどれ、リングマ!」

819 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 03:25:16.59 ID:AirVFRw2P
爆発流行ってるのかよw

828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 03:39:25.30 ID:xwiAhv1sO
幹部「いけ、アーボック!」

シルバー「いけ、ヨーギラス!」

ヨーギラス「よー」

シルバー「ヨーギラス、いわなだれ!」

アーボックはひるんだ!

幹部「何やってる!」

シルバー「ヨーギラス、いやなおと!」

幹部「アーボック、へびにらみ!」

ヨーギラスはまひした!

幹部「アーボック、ようかいえき!」

こうかはいまひとつのようだ

シルバー「ヨーギラス、かみつく」

アーボックはたおれた!

831 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 03:49:08.41 ID:xwiAhv1sO
幹部「まさか追い詰められるとは……!」

幹部「いけ、クロバット!」

シルバー「……クロバット?」

幹部「このクロバットはゴルバットの進化系……強制進化装置を使ったらピンクなんて女々しい色になったがな」

幹部「だが、クロバットは全てのポケモンの中でも屈指のスピードを持っている!もう先手は取れないぞ!」

シルバー「だからどうした……先手を取れなくても貴様には勝てる!」

幹部「何を!クロバット、あやしいひかり!」

ヨーギラスはこんらんした!

シルバー「ヨーギラス、いやなおと!」

ヨーギラス「よーよー」

837 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 03:55:52.53 ID:xwiAhv1sO
幹部「防御を下げた所で当たらなければ意味がない!クロバット、かげぶんしん!」

ヨーギラスはこんらんしている!

シルバー「ヨーギラス、いわなだれ!」

ヨーギラスはしびれてうごけない!

シルバー「くっ……!」

幹部「クロバット、かげぶんしん!」

ヨーギラスのこんらんがとけた!

シルバー「よしっ!ヨーギラス、いわなだれ!」

しかしヨーギラスのこうげきははずれた!

幹部「危ない危ない……クロバット、あやしいひかり!」

ヨーギラスはこんらんした!

838 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 04:00:11.25 ID:xwiAhv1sO
ヨーギラスはこんらんしている!

シルバー(ヨーギラス、あの馬鹿に引導を渡してやれ……!)

シルバー「ヨーギラス、いわなだれ!」

きゅうしょにあたった!

こうかはばつぐんだ!

幹部「な、何だとぉ!?」

クロバットはたおれた!

シルバーはロケットだんのかんぶとのしょうぶにかった!

おや、ヨーギラスのようすが……!

843 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 04:06:25.97 ID:xwiAhv1sO
ヨーギラスはサナギラスにしんかした!

シルバー「……」

シルバー「……何が起きたんだ?」

幹部「くっ……このクズ共めが!」

シルバー(まるで昔の俺を見てるみたいだ……)

幹部「まあいい……時間は稼いだ、ガキ一人じゃ装置は……」

ドガーン!

ボーン!

イエロー「ふぅ……全部壊してきたよー!」

ライチュウ「らーい」

845 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 04:15:12.53 ID:xwiAhv1sO
幹部「なんだと……!?だ、だが!!ラジオ塔に行った連中を止めなければ……」

イエロー「そこにはチャンピオンのワタル……じゃなかった!」

イエロー「ミスタードラゴンっていう正義のヒーローが行ったから無駄だよ!」

幹部「ワタルだと……!?……終わった」

シルバー(……あの変態……チャンピオンだったのか……!)

幹部「野望も果たせず、サカキ様と再会出来ぬまま俺は監獄で一生を過ごすのか……」

シルバー「おい、貴様……貴様たちが暴走したのは俺の親父……サカキにも責任がある」

シルバー「早くここから立ち去れ……そして……サカキを探してくれ」

イエロー「……お兄ちゃん!?」

847 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 04:25:42.87 ID:xwiAhv1sO
幹部「俺を……逃がすっていうのか……?」

シルバー「違う、探しに行かせるんだ……1週間やるから必ず見つけてこい」

幹部「無茶だ……!今まで三年かけても見つけられなかったってのに……」

シルバー「これに俺の実家……サカキの家の場所が書いてある……そこの執事がおそらく知っているはずだ」

幹部「サカキ様の家……!?わかりました!やらさせていただきます!」

シルバー「わかったらとっとと行け!……あと、見つけたら俺の代わりに一発殴ってこい」

幹部「そ、それは……!」

シルバー「つべこべ言わずとっとと行け!」

幹部「は、はい!」

幹部(この気迫……!この方は……きっと未来のボスになられるっ!)

848 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 04:32:13.88 ID:xwiAhv1sO
イエロー「あーあ、そんな勝手なことしたらミスタードラゴンが怒っちゃうよ?」

シルバー「なら俺は会わない内に逃げるまでだ」

イエロー「お兄ちゃんずるーい」

シルバー「あ……ちょっとライチュウを見せてくれ」

イエロー「うん、いいよ!おいでライチュウ」

ライチュウ「らーい」

シルバー「……」

シルバー「……もういい……俺は先に行く、チャンピオンにはよろしく頼む」

イエロー「うん、わかった!バイバイ!お兄ちゃん!」

ライチュウ(あの坊主……三年前より大分目付きがよくなったな……)

851 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 04:35:04.31 ID:xwiAhv1sO
シルバー「よし……最後のジムのあるフスベシティに向かうか」

シルバー「フスベには……氷の抜け道を通らなきゃいけないんだな」

シルバー「……」

シルバー「ゴルバットは進化するのか……」

シルバー「俺のゴルバットが進化するには……何が足りないんだろうな」

913 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 14:18:46.49 ID:xwiAhv1sO
フスベシティ

シルバー「フスベシティ……最後のジムのある街……」

シルバー「あそこがフスベジムか……乗り込むぞ!」

フスベジム

イブキ「私の名はイブキ!ジョウト最強のジムリーダーにしてジョウト最強のドラゴン使いよ!」

イブキ「実力もはっきり言って四天王にも負けないくらい強いわよ!どう?それでも戦うの?」

イブキ「……そう、わかったわ。私もトレーナー……どんな相手だって全力で相手してあげるんだから!」

シルバー(……ドラゴン使いにとってマントはデフォルトなのか)

ジムリーダーのイブキがしょうぶをしかけてきた!

916 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 14:23:52.43 ID:xwiAhv1sO
イブキ「いけ、ハクリュー!」

シルバー「いけ、サナギラス!」

サナギラス「さなー」

イブキ「サナギラス……なら、相性はいいわ!ハクリュー、なみのり!」

こうかはばつぐんだ!

サナギラスはたおれた!

シルバー「もどれ、サナギラス!」

シルバー(俺のパーティーにドラゴンタイプの弱点を突けるポケモンはいない……!)

シルバー「なら……強引に攻めきるまで!いけ、ハッサム!」

917 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 14:30:20.98 ID:xwiAhv1sO
イブキ「ハッサムね……もどれ、ハクリュー!いけ、ハクリュー!」

シルバー「ハクリューに代えてハクリュー……?ハッサム、つるぎのまい!」

イブキ「ハクリュー、かえんほうしゃ!」

シルバー「はっ!?」

こうかはばつぐんだ!

ハッサムはたおれた!

シルバー「くっ……もどれ、ハッサム!」

イブキ「みずタイプの技の次はほのおタイプ……さすがに驚きが隠せないようね」

イブキ「あなたの発想は悪くなかったわ、ドラゴンタイプは弱点が突きにくいから強引に行こうとしたのでしょ?」

イブキ「でもね……私のハクリュー三姉妹の前には死角はないのよ!」

シルバー「ハクリュー……三姉妹……!?」

921 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 14:38:47.01 ID:xwiAhv1sO
イブキ「ドラゴンタイプは神聖なポケモン……故にさまざまな技を覚えることが出来るの!」

イブキ「さっき出ていた子はみずとこおりの力を持ったウシオ……今出てる子はほのおの力を持ったホムラ!」

イブキ「バトルの時にはこの名前で呼ぶことはないから私と戦うトレーナーは混乱する!」

イブキ「これが私が長年かけて編み出した秘技……ドラゴニック・トライデントよ!」

シルバー「チッ……!」

シルバー(ポケモンのニックネームといい、ただのポケモン交換に名前を付けるとこといい……)

シルバー(こいつらのセンスはわからん!)

925 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 14:52:31.44 ID:xwiAhv1sO
シルバー(だが、どれが出てくるかわからないのは確かに戦いずらい……!)

シルバー(だが……見分けがつかないなら見分けがつくようにすればいいだけだ!)

シルバー「いけ、ゴルバット!」

イブキ「ゴルバット?……ウシオを見といてゴルバットを出すなんてね」

イブキ(この言葉はウシオを出すと思わせる為のフェイク……次に出すのはでんきの力を持つイナヅマよ!)

イブキ「もどれ、ハクリュー!いけ、ハクリュー!」

シルバー「ゴルバット、どくどく!」

イブキ「えっ!?」

929 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 14:59:27.31 ID:xwiAhv1sO
ハクリューはもうどくをあびた!

シルバー「……これで一匹は見分けがつくようになったな」

イブキ「わ、私のドラゴニック・トライデントが……こうも簡単に破られそうになるなんて……!」

イブキ「くぅ……この屈辱、許さんぞ!ハクリュー、10まんボルト!」

きゅうしょにあたった!

こうかはばつぐんだ!

ゴルバット(ry)

ゴルバットはたおれた!

931 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 15:12:33.05 ID:xwiAhv1sO
シルバー「もどれ、ゴルバット!」

シルバー(だが、現時点で3対4……数の上では大分不利になったな……)

シルバー「いけ、リングマ!」

イブキ(ここはイナヅマを犠牲するべきか……?)

イブキ「ハクリュー、でんじは!」

リングマはまひした!

シルバー「リングマ、きりさく!」

きゅうしょにあたった!

ハクリューはたおれた!

ハクリュー「イナヅマ!?ええい……まさか一撃でやられるなんて……!」

933 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 15:20:10.24 ID:xwiAhv1sO
イブキ「もどれ、ハクリュー!いけ、ハクリュー!」

イブキ(ウシオで確実に倒してやる!)

イブキ「ハクリュー、れいとうビーム!」

シルバー「リングマ、きりさく!」

きゅうしょにあたった!

ハクリューはたおれた!

イブキ「ウシオーっ!?……くっ、許さんぞ!もどれ、ハクリュー!いけ、ハクリュー!」

939 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 15:34:39.39 ID:xwiAhv1sO
シルバー(このハクリューはほのおか……最後の一匹がわからない状況だし、リングマは突破口になりうる)

シルバー「よくやった!もどれ、リングマ!」

シルバー「いけ、バクフーン!」

バクフーン「ばくー」

シルバー「バクフーン、まるくなる!」

イブキ「ホムラにほのおタイプを当ててくるとは……小癪な!ハクリュー、たたきつける!」

シルバー「バクフーン、ころがる!」

イブキ「ころがる!?」

イブキ(下手にターンを稼がれたらまずい……!なら、一発で決めれるあの子で行くしかない……!)

イブキ「ハクリュー、もどれ!」

シルバー「代えた……?」

イブキ「シルバー……あなたに私の最強のドラゴンを見せてあげるわ……!」

イブキ「いけ、キングドラ!」

941 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 15:44:52.54 ID:xwiAhv1sO
イブキ「このキングドラは私の幼い頃からの友のタッツーが内に秘めたドラゴンの血を覚醒させて進化した!」

イブキ「タイプはドラゴンとみず……死角はない!こいつこそが私のドラゴン・オブ・ドラゴンだ!」

シルバー(本当に通訳が欲しい女だ……何を言ってるかさっぱりわからん!)

バクフーンのころがる!

イブキ(スピードから考えてももう一発はころがるのダメージを受ける可能性がある……)

イブキ(だが、残りはマヒしたリングマともう一匹……負けることはない!)

バクフーンのころがる!

イブキ「キングドラ、なみのり!」

こうかはばつぐんだ!

バクフーンはたおれた!

946 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 15:52:58.51 ID:xwiAhv1sO
シルバー「もどれ、バクフーン!」

シルバー(マズいぞ……残りは死にかけのリングマとシードラ……キングドラが攻略出来ない……!)

シルバー(せめてリングマにねむるを使わせられれば……ここは運にかけるしかないな……!)

シルバー「いけ、シードラ!」

イブキ「あなたもシードラを持っていたの……でも、その子はドラゴンの血に覚醒してないようね」

シルバー「さっきからわけのわからん言葉ばっか使いやがって……通訳をつけろ!通訳を!」

イブキ「まあいい……そのシードラに免じて、キングドラの秘奥義を見せてあげよう……!」

イブキ「キングドラ!ドラゴニック・ブレス(りゅうのいぶき)!」

シードラはまひした!

949 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 15:57:00.16 ID:xwiAhv1sO
シルバー「マヒ!?厄介だが……シードラ、えんまく!」

イブキ「キングドラ、ドラゴニック・ブレス(りゅうのいぶき)!」

シルバー「シードラ、えんまく!」

イブキ「これでとどめ!キングドラ!ドラゴニック・ブレス(りゅうのいぶき)!」

シードラはたおれた!

シルバー「もどれ、シードラ!」

シルバー「……いけ、リングマ!」

953 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 16:04:22.39 ID:xwiAhv1sO
イブキ「死にかけのリングマか……どうやら私の勝ちは決まりだな!」

イブキ「キングドラ、ドラゴニック・ブレス(りゅうのいぶき)!」

シルバー(……外れろ!)

しかしキングドラのこうげきははずれた!

シルバー「よしっ!」

イブキ「ふっ……寿命が少し伸びただけだ」

シルバー「リングマ、ねむる!」

リングマはけんこうになってねむりはじめた!

イブキ「回復した?まあいい、所詮悪あがきに過ぎない……キングドラ、なみのり!」

しかしキングドラのこうげきははずれた!

イブキ「またか!?」

955 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 16:10:25.83 ID:xwiAhv1sO
シルバー(ここで起きなきゃ厳しい……!起きろ!)

シルバー(頼む!起きてくれ……!)

シルバー「リングマ、目覚めろおおおっ!?」

リングマ「ぐまー」

リングマはめをさました!
イブキ「なにっ!?」

イブキ「キングドラ、早く仕留めるぞ!ドラゴニック・ブレス(りゅうのいぶき)!」

リングマはまひした!

シルバー「マヒ!……根性を見せろ、リングマ!あばれる!」

リングマ「ぐまー」

キングドラはたおれた!

イブキ「ば、馬鹿なっ……!?」

957 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 16:13:08.38 ID:qHIfkaSVO



リングマ 大 活 躍
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2chmatomeblog.blog67.fc2.com/tb.php/177-e6e0ac0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。