FC2ブログ
2ちゃんねるまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
961 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 02:10:21.39 ID:gtrqtbYuO
ポケモンリーグホウエン支部

エメラルド「着いた……さすがチャンピオンロード、強いトレーナーしかいなかったや……」

エメラルド「でも、その強いトレーナーを倒せたんだ……僕だってかなり強くなってるはずだ!」

エメラルド「さて……受付に行って登録をすませてこよう!」

………

……



エメラルド「挑戦は明日の午後か……今日は早めに寝よう」

エメラルド「……そういえば、サファイアさん見なかったな……どうしたんだろう?」






962 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 02:16:08.14 ID:gtrqtbYuO
エメラルド「すぅー、すぅー……」

ジュカイン「いよいよ明日か……」

ライボルト「明日、全てのバトルで勝てば我々はチャンピオンでござる」

チルタリス「ってか、アブ君マジ強いよねー!この前マジすごかったよ!?」

ミロカロス「ま、まあ私の次くらいに強いわね……それは認めるわ!」

アブソル「……」すたっ

チルタリス「あれぇ?アブ君どこ行くのー?やっぱミロちゃんが嫌だった?」

ミロカロス「私が嫌なわけないでしょ!チルタリス、アンタがいけないのよ!……本当に私じゃないよね?」

ジュカイン「お前ら……少しは緊張感持てよ!!」

963 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 02:23:43.41 ID:gtrqtbYuO
ジュカイン「全くよ……あれ、サーナイトは?」

ライボルト「あそこでござる」

サーナイト「いよ、いよいよ、あ、明日だ……ど、ど、どうしよう……!?」

サーナイト「も、もし私のせいで……ま、負けたら……はわわっ!?そ、そんなの考えたくないよぉ~!」

ジュカイン「アイツはビビり過ぎだ……ったくよ、サーナ……」

アブソル「……大丈夫か?」

サーナイト「ふぇ……?」

チルタリス「あっ……」

ミロカロス「なっ!?」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 03:34:11.96 ID:gtrqtbYuO
サーナイト「あ……アブソルさん」

アブソル「戦いに恐れるのはいいことだ……恐れを持たないもの、それは弱者だ」

サーナイト「わ、私は強いとか……弱いとかじゃなくて……ただ、臆病なだけです……」

アブソル「いいや……君は十分に強い……」

サーナイト「アブソルさん……ありがとうございます」

チルタリス「ちょっとイイ感じじゃない?」

ミロカロス「そんな……わ、私は認めないわよ!」

ライボルト「見事にいい所を奪われたでござるね」

ジュカイン「……」ボカッ

ライボルト「っ!?……痛い……でござる……!!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 03:46:54.31 ID:gtrqtbYuO
サーナイト「でも、アブソルさんも強かったですよね……あ、あんな伝説クラスのポケモンを次々と……」

アブソル「あれは私が強いんじゃない……私の力が強かっただけだ」

サーナイト「力……ですか?」

アブソル「強すぎる力は人に恐れを与える……そして、同時に孤独にする」

アブソル「私はわざわいポケモンだからな……恐れと孤独を持つ者にはある意味ぴったりかもしれん」

サーナイト「そ、そんなことないですよ……アブソルさんは孤独じゃないです」

サーナイト「ア、アブソルさんには……わ、私達がいるじゃないですか!」

アブソル「サーナイト……ありがとう」

チルタリス「ってか、実際アブ君って男なの?」

ミロカロス「え……?お、男に決まってるでしょ!?」

ジュカイン「俺は知らねえ……が、男だろ」

ライボルト「あんなかっこいい人が女なわけがないでござるよ」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 15:17:43.67 ID:gtrqtbYuO
翌日

エメラルド「……ふはぁ~」

エメラルド「いよいよだ……緊張するなぁ」

エメラルド「もうここまで来たら僕のやることは1つだ……全力でバトルして、楽しもう!」

エメラルド「ジュカイン、ライボルト、チルタリス、ミロカロス、アブソル……それにサーナイト、」

エメラルド「今日はよろしく頼むよ……!よし、行こう!」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 15:23:40.66 ID:gtrqtbYuO
カゲツ「よぉー、挑戦者!お前のことはダイゴよく聞いてるぜ?」

カゲツ「俺は四天王のカゲツ、あとぶれいかーずのドラマーもやってる」

カゲツ「ダイゴはお前が来るのが楽しみだって言ってたからな……よっぽど強いんだろう?」

カゲツ「俺を楽しませてくれよ?……それじゃ、行くぜ!」

してんのうのカゲツがしょうぶをしかけてきた!

………

……



してんのうのカゲツとのしょうぶにかった!

エメラルド「よし、次だ!」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 15:25:44.80 ID:2cLB3Jx+0
やっぱりww

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 15:32:51.02 ID:gtrqtbYuO
フヨウ「んっ?君が午後の挑戦者かあ?」

エメラルド「あ……はい」

フヨウ「そか、わだすの名ばフヨウ……よろしくな」

エメラルド「あ、エメラルドって言います!」

フヨウ「エメラルドぉ?なげぇ名だなぁ、噛んじまいそだ」

フヨウ「さてさて……そろそろやるっぺ!わだすのポケモンちゃん、今にも暴れ出しそうだかんなあ!」

エメラルド(すごい訛りだな……)

してんのうのフヨウがしょうぶをしかけてきた!


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 15:43:14.01 ID:gtrqtbYuO
フヨウ「いげ、サマヨール!」

エメラルド「サマヨール、ゴーストタイプか……いけ、アブソル!」

アブソル「あぶー」

エメラルド「アブソル、つるぎのまい!」

フヨウ「サマヨール、あやしいひかり!」

アブソルはこんらんした!

アブソルはこんらんしている!

エメラルド「アブソル、かみつく!」

こうかはばつぐんだ!

サマヨールはたおれた!

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 15:57:15.18 ID:gtrqtbYuO
フヨウ「もどれ、サマヨール!……あくタイプかあ、困ったねえ」

フヨウ「いげ、ジュペッタ!」

フヨウ「ジュペッタ、かげうち!」

アブソルのこんらんがとけた!

エメラルド「よし!アブソル、かみつく!」

こうかはばつぐんだ!

ジュペッタはたおれた!

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:44:43.96 ID:gtrqtbYuO
フヨウ「ん、もどれ!ジュペッタ!坊っちゃん、随分と強えんだなあ」

フヨウ「ならあ……こいつならどうだ?いげ、ヤミラミ!」

エメラルド「アブソル、かみつく!」

ヤミラミはひるんだ!

エメラルド「アブソル、かみつく」

きゅうしょにあたった!

ヤミラミはたおれた!

フヨウ「坊っちゃん、運も強えんだなあ!たまげたわあ!」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:50:12.50 ID:gtrqtbYuO
フヨウ「アブソルかあ……こんのままだと全部やられちまうなあ……」

フヨウ「そだ、あれで行くべ!いげ、ジュペッタ!」

エメラルド「またジュペッタ……?まあいいや、アブソル!かみつく!」

フヨウ「ジュペッタ、みちづれ!」

エメラルド「なっ!?」

こうかはばつぐんだ!

ジュペッタはたおれた!

ジュペッタはアブソルをみちづれにした!

フヨウ「危ねえ危ねえ……やっどアブソル倒せたなあ、もどれ!ジュペッタ!」

エメラルド「お疲れさま、アブソル……もどれ!」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:55:36.18 ID:gtrqtbYuO
フヨウ「わだすのポケモンはこいつが最後だ……いげ、サマヨール!」

エメラルド「とりあえず様子を見るか……いけ、ライボルト!」

ライボルト「らいぼー」

エメラルド(フヨウさんのポケモンは残り1匹だ……ここからは確実に行けば絶対勝てる!)

エメラルド「ライボルト、でんじは!」

サマヨールはまひした!

フヨウ「いたぶるねえ……わだすは攻めるっきゃねえんで行くぞお!サマヨール、じしん!」

エメラルド「えっ!?」

こうかはばつぐんだ!

ライボルトはたおれた!

エメラルド「も、もどれ!ライボルト!」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:59:21.70 ID:gtrqtbYuO
エメラルド(じしんを覚えてるのか……!なら、じめんタイプが無効なポケモンで……)

エメラルド「いけ、チルタリス!」

チルタリス「ちるー」

エメラルド「チルタリス、りゅうのまい!」

フヨウ「サマヨール、れいとうパンチ!」

エメラルド「ええっ!?」

こうかはばつぐんだ!

チルタリスはたおれた!

エメラルド「……もどれ、チルタリス!」

フヨウ「どうすた?さっきまでの勢いがなくなってるぞお?」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:11:22.45 ID:gtrqtbYuO
エメラルド「くぅ……!」

エメラルド(一旦落ち着こう!……相手のサマヨールの攻撃範囲が広くて焦っただけだ……)

エメラルド(今の所サマヨールのわざは2つわかってて……残りの2つの内1つはゴーストタイプだと思う)

エメラルド(なら、最も弱点を突かれにくいポケモンは……)

エメラルド「頼むよ、いけ!ミロカロス!」

ミロカロス「みろー」

エメラルド「ミロカロス、なみのり!」

フヨウ「サマヨールの堅さ、舐めちゃいけねえよ?」

エメラルド「やっぱり堅いな……!」

フヨウ「まだまだ攻めんぞ!サマヨール、かみなりパンチ!」

エメラルド「!?」

こうかはばつぐんだ!

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:30:23.39 ID:gtrqtbYuO
ミロカロス「みろー」

フヨウ「あちゃー、やっぱミロカロスは耐えるかあ……まあ、あと2発ってとこかな?」

エメラルド「全員が弱点を突かれるのか……!ミロカロス、なみのり!」

フヨウ「サマヨール、かみなりパンチ!」

エメラルド「くぅ……ミロカロス、なみのり!」

フヨウ「サマヨール、決めろよお?かみなりパンチ!」

サマヨールはしびれてうごけない!

フヨウ「んだ!?すっかり忘れてたなあ……まひなんだあ」

エメラルド「あ、危なかった……ミロカロス、なみのり!」

サマヨールはたおれた!

してんのうのフヨウとのしょうぶにかった!

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:33:51.96 ID:gtrqtbYuO
エメラルド「……危なかった」

エメラルド「何やってるんだ、僕は……相手は四天王だ、油断すれば命取りになることくらい当たり前だ」

エメラルド「とりあえずポケモンを回復させよう」

てんてんてててーん

エメラルド「よし、今のを教訓にもう一度頑張ろう!」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:50:52.98 ID:gtrqtbYuO
エメラルド「ここが次の部屋だよね?……誰もいないや」

エメラルド「あの両脇にあるのって何だろう?……池?プール?」

バシャンッ!

エメラルド「わあっ!?」

プリム「あら、お客様?……ごめんなさい、少し泳いでたの。着替えを取ってくるから待っててね」

エメラルド「は、はい……!」

エメラルド(大人の競技水着か……って、ぼ、僕は何を考えてるんだ!?)


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 21:00:04.26 ID:gtrqtbYuO
プリム「改めまして自己紹介をするわ。私、四天王のプリムといいます」

エメラルド「エメ、エメラルドです……よろしくお願いします」

エメラルド(こ、こんな綺麗な人だったんだ……)

プリム「エメラルド君ね?よろしく……私、元々ホウエンの出身ではないの」

プリム「ホウエン支部からね、ホウエンにはこおりタイプのエキスパートが居ないからって誘われたんです」

エメラルド「そ、そうなんですか……」

プリム「だけど、ここに挑戦に来るトレーナーはやわな人ばかりなの……」

プリム「エメラルド君……君が本気を出せるトレーナーなら、私とても嬉しいんですが……!」

エメラルド「が、頑張ります……!」

してんのうのプリムがしょうぶをしかけてきた!

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 21:11:17.54 ID:gtrqtbYuO
プリム「いきなさい、トドグラー!」

エメラルド「トドグラー……みずタイプでもあるな、いけ!ジュカイン!」

ジュカイン「かいーん」

エメラルド「ジュカイン、リーフブレード!」

きゅうしょにあたった!

こうかはばつぐんだ!

トドグラーはたおれた!

プリム「もどれ、トドグラー!……いきなり手荒な真似をしてくれますね」

エメラルド「す、すいません……」

プリム「いいえ……好きですよ、そういうのも。いけ、オニゴーリ!」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 21:18:53.82 ID:gtrqtbYuO
エメラルド「一応こおりタイプの対策はしてるんですよ……ジュカイン、がんせきふうじ!」

こうかはばつぐんだ!

プリム「あら?今のは驚いたわ……オニゴーリ、あられ!」

エメラルド「フィールドにあられが……!ジュカイン、もう一度がんせきふうじ!」

しかしジュカインのこうげきははずれた!

エメラルド「くっ……!視界が悪くなってるのか……?」

プリム「オニゴーリ、れいとうビーム!」

こうかはばつぐんだ!

ジュカインはたおれた!

エメラルド「あっ!?も、もどれ!ジュカイン!」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 21:28:00.81 ID:gtrqtbYuO
エメラルド「いけ、ミロカロス!」

ミロカロス「みろー」

プリム「ミロカロス……少々強引に行きますよ!オニゴーリ、ふぶき!」

こうかはいまひとつのようだ

エメラルド「いけ!ミロカロス、ミラーコート!」

オニゴーリはたおれた!

プリム「そうきましたか……もどれ、オニゴーリ!」

プリム「でも、ミラーコートで反射出来ないわざもあるんですよ?……いきなさい、トドゼルガ!」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 21:40:41.56 ID:gtrqtbYuO
エメラルド「トドゼルガ……?」

エメラルド(物理技ならともかく、特殊技でミラーコートが返せない技なんてあるのか?)

エメラルド「ここはとりあえず……ミロカロス、じこさいせい!」

プリム「……その回復は無駄に終わります」

プリム「トドゼルガ、ぜったいれいど!」

エメラルド「なっ!?」

いちげきひっさつ!

ミロカロスはたおれた!

エメラルド「もどれ、ミロカロス!……反射出来ないってそういうことだったのか!」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 22:13:15.75 ID:gtrqtbYuO
エメラルド「でも……!」

エメラルド(一撃必殺なんて当たらなかったらどうってことない!)

エメラルド「いけ、ライボルト!」

ライボルト「らいぼー」

エメラルド「ライボルト、かみなり!」

こうかはばつぐんだ!

トドゼルガはまひした!

プリム「あら……トドゼルガ、ふぶき!」

トドゼルガはしびれてうごけない!

プリム「まあ……なんてことでしょう」

エメラルド「よし!ライボルト、でんげきは!」

こうかはばつぐんだ!

トドゼルガはたおれた!

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 22:18:34.13 ID:gtrqtbYuO
プリム「エメラルド君……君は強いトレーナーだわ」

プリム「その強さに免じて……特別な子たちを見せてあげます!」

エメラルド「特別な子……?」

プリム「いけ、レジアイス!」

レジアイス「れじあー」

エメラルド「!?」

エメラルド(何だ、このポケモン……!まるでレックウザ達と対峙した時みたいな威圧感がある……!)

プリム「怖じけついちゃ駄目よ……私に本気を出させたんだから!」

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 22:22:19.16 ID:gtrqtbYuO
エメラルド(レジアイス、タイプは多分こおりだろうな……なら、まずは弱点を突こう!)

エメラルド「ライボルト、オーバーヒート!」

こうかはばつぐんだ!

レジアイス「れじあー」

エメラルド「弱点なのに……!効いてる感じがしない!?」

プリム「レジアイス、ふぶき!」

ライボルトはたおれた!

エメラルド「ライボルト!?くっ……もどれ!」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 22:31:50.43 ID:gtrqtbYuO
あられがやんだ!

プリム「あら……残念ね」

エメラルド「やっと止んだか……これでふぶきが必ず当たることはもうない」

エメラルド(けど、僕の残りポケモン……チルタリスは弱点だから出すのは厳しい)

エメラルド(サーナイトとアブソル……どっちでならあのポケモンを突破出来る?)

エメラルド(そういえば、ライボルトのオーバーヒートがあまり効かなかったんだ……なら!)

エメラルド「いけ、アブソル!」

アブソル「あぶー」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 22:37:12.95 ID:gtrqtbYuO
エメラルド「アブソル、つるぎのまい!」

プリム「攻撃力をあげて一気に突破しよう……というわけですか、させませんよ!」

プリム「レジアイス、アームハンマー!」

エメラルド「えっ!?耐えろ、アブソル!!」

こうかはばつぐんだ!

アブソル「あぶー」

プリム「あら……やはり付け焼き刃でしたか」

エメラルド「よかった……アブソル、きりさく!」

きゅうしょにあたった!

レジアイスはたおれた!

プリム「まさかこの子が敗れるとは……もどれ、レジアイス!」

プリム「でも、最後の子は負けませんよ……いけ、ユキメノコ!」


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 22:43:07.86 ID:gtrqtbYuO
エメラルド「ユキメノコ……何タイプだ?」

ずかん『データがありません』

エメラルド「え……?どういうことだ?」

プリム「この子はホウエンの図鑑には登録されてませんよ……私の故郷から連れて来たポケモンですもの」

エメラルド「そんな……!」

プリム「このユキメノコ、私の幼い頃からの友達ですの……そう簡単には負けませんよ……!」

エメラルド(タイプがわからないのがキツい……けど、さっきのより堅そうではないよね?)

エメラルド「こうなったら力押しだ!アブソル、きりさく!」

プリム「……」

ユキメノコにはこうかがないようだ……

エメラルド「うそっ!?」

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 22:50:52.31 ID:gtrqtbYuO
エメラルド「くそっ……ゴーストタイプだったのか!」

プリム「危なかったわ……ユキメノコ、れいとうビーム!」

アブソルはこおった!

エメラルド「そんな……!?」

プリム「ごめんなさい……私にツキが巡ってきたみたいですね」

プリム「とどめです!ユキメノコ、れいとう……」

アブソル「あぶー」

アブソルのこおりがとけた!

エメラルド「アブソル!?」

プリム「そんなっ!?」

アブソル(私がとどめを刺したい所だが……ここは任せますよ)

アブソルのほろびのうた!


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 23:01:15.45 ID:gtrqtbYuO
ユキメノコのれいとうビーム!

アブソルはたおれた!

エメラルド「ありがとう、アブソル……もどれ!」

プリム「ほろびのうた……最後にとんでもないことをしてくれましたね、あのアブソル……!」

エメラルド(アブソルが作ってくれた勝利のルートまで残り3ターン……でも、耐えられるのか?)

エメラルド「頑張るしかない……いけ、チルタリス!」

チルタリス「ちるー」

プリム「ユキメノコ、れいとうビーム!」

こうかはばつぐんだ!

チルタリスはたおれた!

エメラルド「……もどれ、チルタリス!」


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 23:09:58.71 ID:gtrqtbYuO
プリム「あと2ターン……君のその感じだと耐えられるかどうかギリギリみたいね」

エメラルド「頼むよ……いけ、サーナイト!」

サーナイト「さー」

プリム「サーナイト……そう、相性が悪かったわけね」

エメラルド「サーナイト……無傷の状態からあのポケモンを1ターンで倒すのは難しいと思う」

エメラルド「これはいつもの戦いとは少し違うけど……頑張って耐えて欲しいんだ……!」

サーナイト「さー」

サーナイト(ご主人様……が、頑張ります!)

プリム「……もういいかしら、エメラルド君?」

エメラルド「ええ……大丈夫です!」

プリム「ならいくわよ……ユキメノコ、シャドーボール!」

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 23:19:47.40 ID:m3YlmAlJ0
テレビならここでCMが入るね

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 23:20:20.90 ID:gtrqtbYuO
こうかはばつぐんだ!

サーナイト(きゃあああっ!)

エメラルド「サーナイト!?くっ……サーナイト、めいそう!」

サーナイトはもってたオボンのみでかいふくした!

サーナイト(う、ううっ……まだ……まだまだ……いけます……!)

プリム「もちもので回復、さらに特防をあげた……これはかなりギリギリかもしれないわね」

エメラルド「くぅ……頑張ってくれ、サーナイト……!」

サーナイト(だ、大丈夫です……ご主人様は……私が……勝たせます……から……!)

プリム「この攻撃を耐えられたら負けよ……ユキメノコ、シャドーボール!」

サーナイト(私は……耐えて……みせます……!!)


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 23:32:20.98 ID:gtrqtbYuO
こうかはばつぐんだ!

エメラルド「サーナイト!?」

プリム「どうなった……のかしら?」

サーナイト「……」

エメラルド「サーナイト……?」

サーナイト「……さー」

サーナイト(ご心配を……かけました……ご主人様……私は平気……です!)

エメラルド「サーナイト!!」

プリム「あら……耐えられてしまったのね」

ユキメノコはたおれた!

してんのうのプリムとのしょうぶにかった!


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 23:39:00.89 ID:gtrqtbYuO
プリム「おめでとう、エメラルド君……君の熱い心が私のこおりポケモン達を上回ったみたいね」

エメラルド「ありがとうございます……プリムさん!」

プリム「次の部屋に行きなさい……君をダイゴ君が待ってるから」

エメラルド「え……ダイゴさんが?」

プリム「ゲンジさんが捕まったのは知ってるわね?そのせいで、一時的にダイゴ君が四天王まで降りてるの」

エメラルド「そうだったんですか……わかりました、行ってきます!」

プリム「あ、回復は忘れちゃ駄目よ?ダイゴ君は私より強いんだからね」

エメラルド「はい!……よし、ダイゴさんの所に行くぞ!」


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 23:49:16.88 ID:gtrqtbYuO
ダイゴ「ついにここまで来ましたかぁー……待ってましたよぉー、エメラルド君!」

エメラルド「ダイゴさん……!」

ダイゴ「エメラルド君とのバトル、俺すげえ待ち遠しウイッシュ!!でしたぁー」

ダイゴ「まあ、ごちゃごちゃ言っててもしょうがないんでぇ……早くバトルしようかぁー?」

ダイゴ「……それがポケモントレーナーの性だからねぇー!」

エメラルド「負けませんよ……ダイゴさん!」

してんのうのダイゴがしょうぶをしかけてきた!


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 23:55:06.93 ID:gtrqtbYuO
ダイゴ「あ、言い忘れましたぁー……バトルはダブルでやるってことでぇー」

エメラルド「ダブルバトルですか……?」

ダイゴ「それがホウエンチャンピオンのスタイルなんですよぉー」

エメラルド「……わかりました!」

ダイゴ「大丈夫だねぇ?いけぇー、アーマルド!ユレイドル!」

エメラルド「いわタイプが2匹……?なら……いけ、サーナイト!ミロカロス!」

サーナイト「さー」

ミロカロス「みろー」


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 00:03:59.02 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「サーナイト、ユレイドルにサイコキネシス!」

ダイゴ「アーマルド、つるぎのまい!」

エメラルド「ミロカロス、アーマルドにハイドロポンプ!」

こうかはばつぐんだ!

ダイゴ「ユレイドル、サーナイトにあやしいひかり!」

サーナイトはこんらんした!

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 00:09:53.17 ID:L7DX4vjxO
サーナイトはこんらんしている!

エメラルド「サーナイト、アーマルドにめざめるパワー!」

サーナイトはわけもわからずじぶんにこうげき!

ダイゴ「ラッキーですねぇー……アーマルド、いわなだれ!」

エメラルド「くっ!!」

サーナイトはたおれた!

エメラルド「サーナイト、もどれ!ミロカロス、なみのり!」

こうかはばつぐんだ!

アーマルドはたおれた!

ダイゴ「おぉー、もどれアーマルド!ユレイドル、ドわすれ!」



148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 00:14:55.57 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「いけ、ジュカイン!」

ジュカイン「かいーん」

ダイゴ「いけ、ボスゴドラ!」

エメラルド「ジュカイン、リーフブレード!」

きゅうしょにあたった!

ユレイドルはたおれた!

エメラルド「ミロカロス、ハイドロポンプ!」

こうかはばつぐんだ!

ボスゴドラはたおれた!

ダイゴ「おぉー!?もどれぇー、ユレイドル!ボスゴドラ!」

ダイゴ「やるねぇー、エメラルド君!……ならぁー、こいつらはどうするかなぁー?」

ダイゴ「いけ、レジロック!レジスチル!」

レジロック「れじろー」

レジスチル「れじすー」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 00:35:15.80 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「あのポケモンは……!?」

エメラルド(さっきのプリムさんのポケモンに似てる……!それにさっきと同じ威圧感だ……!)

エメラルド「怖じけついちゃ駄目だ……!いくぞ!ジュカイン、レジロックにリーフブレード!」

こうかはばつぐんだ!

エメラルド「全然効いてない……!?ミロカロス、レジロックにハイドロポンプ!」

こうかはばつぐんだ!

ダイゴ「集中放火ですかぁー、危なかったねぇー……レジロック、ばかぢから!」

ジュカインはたおれた!

ダイゴ「よーし!レジスチル、でんじほう!」

こうかはばつぐんだ!

ミロカロスはまひした!

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 00:47:52.33 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「もどれ、ジュカイン!いけ、ライボルト!」

ライボルト「ライボルト、レジスチルにオーバーヒート!」

きゅうしょにあたった!

こうかはばつぐんだ!

ダイゴ「うおっ!?ここまで削られちゃったかぁー……なら、レジロック!だいばくはつ!」

エメラルド「なにっ!?」

ライボルトはたおれた!

ミロカロスはたおれた!

レジスチルはたおれた!

レジロックはたおれた!

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 00:52:07.11 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「ダイゴさん……僕は残り2匹で、ダイゴさんは残り1匹ですよね?」

ダイゴ「そうっすねぇー……今のだいばくはつはミスったかもしんないなぁー」

ダイゴ「でもぉー、俺の最後の1匹はかなり自信あんだよねぇー……いけ、メタグロス!」

エメラルド「頼むよ……いけ、アブソル!チルタリス!」

アブソル「あぶー」

チルタリス「ちるー」



160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 01:02:20.95 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「メタグロス、タイプは……はがね・エスパーか」

エメラルド(かろうじてアブソルで倒せるかもしんない……けど、つるぎのまいを積む隙は作れるのか?)

エメラルド「やるしかない……アブソル、みきり!」

ダイゴ「攻撃読みですかぁー、残念でしたぁ!メタグロス、こうそくいどう!」

エメラルド「こうそくいどう!?しまった!」

エメラルド(ここで当てないと次のターンからメタグロスが最速になる……!かなりまずいぞ……!)

エメラルド「チルタリス、うたう!」

ダイゴ「おおっ!?」

しかしチルタリスのこうげきははずれた!

エメラルド「ああ……!?」

ダイゴ「危なかったっねぇ……眠ってるうちにつるぎのまいを積もうって感じだったんだろうけどさぁ」

ダイゴ「運がよかったよぉー……メタグロス、アブソルにコメットパンチ!」

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 01:13:25.81 ID:L7DX4vjxO
しかしメタグロスのこうげきははずれた!

アブソル「あぶー」

ダイゴ「マジでぇ!?」

エメラルド「やった!アブソル、つるぎのまい!」

アブソル「あぶあぶー」

エメラルド「次こそ当たれ……チルタリス、うたう!」

メタグロスはねむってしまった!

エメラルド「よしっ!」


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 01:21:04.77 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「ここまではいいけど……」

エメラルド(こうそくいどうを積まれたことで起きた瞬間メタグロスの攻撃が来ることになってしまった……)

エメラルド(ここは一撃で倒すためにも……もう1回は積みたい……!)

メタグロスはねむっている!

エメラルド「よし……!アブソル、つるぎのまい!」

エメラルド「チルタリスは……ドラゴンクロー!」

こうかはいまひとつだ

ダイゴ「エメラルド君、俺は諦めないよぉー……ここでメタグロスは起きるよぉー!」

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 01:25:56.77 ID:L7DX4vjxO
ダイゴ「メタグロス、アームハンマー!」

エメラルド(……起きるな!)

メタグロスはねむっている!

ダイゴ「おっとぉ!?」

エメラルド「危なかった……アブソル、かみつく!」

きゅうしょにあたった!

エメラルド「チルタリス、とどめのドラゴンクロー!」

こうかはいまひとつだ

メタグロスはたおれた!

してんのうのダイゴとのしょうぶにかった!

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 01:39:51.88 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「勝った……」

ダイゴ「負けましたねぇー……おめでとう、エメラルド君!」

エメラルド「あ、ありがとうございます!」

ダイゴ「エメラルド君が新しいチャンピオンだ……って言いたかったんですけどねぇー、一足遅かったよぉ」

ダイゴ「既にサファイアちゃんがチャンピオンになっちゃったんだよねぇー」

エメラルド「サファイアさんが……チャンピオン……!」

ダイゴ「だからぁ、サファイアちゃんとのラストバトル……頑張ってねぇー!」

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 01:43:04.26 ID:L7DX4vjxO
サファイア「……エメラルド君、よくここまで来たね」

エメラルド「サファイアさん……」

サファイア「ゴメンね、私が先にチャンピオンになっちゃった!」

エメラルド「いや……サファイアさんとチャンピオンの座をを争えて嬉しいです……!」

サファイア「そっか、よかった……じゃあ、そろそろバトルを始めようか」

サファイア「いくらエメラルド君でも……チャンピオンの座は譲れないんだから!」

チャンピオンのサファイアがしょうぶをしかけてきた!

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 01:50:37.59 ID:L7DX4vjxO
サファイア「いけ、ネンドール!ケッキング!」

エメラルド「よし……いけ、チルタリス!ジュカイン!」

チルタリス「ちるー」

ジュカイン「かいーん」

エメラルド「速攻でいきますよ……サファイアさん!ジュカイン、ネンドールにリーフブレード!」

こうかはばつぐんだ!

エメラルド「ケッキング、ジュカインにおんがえし!」

ジュカインはたおれた!

エメラルド「なっ!?……一撃でやられた!チルタリス、しんぴのまもり!」

サファイア「危なかったわ……!ネンドール、ケッキングとスキルスワップ!」


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 02:00:49.59 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「ケッキングが浮かんだ……!?」

サファイア「これでケッキングにはふゆうに、ネンドールにはなまけのとくせいに入れ替わったわ!」

エメラルド「はっ!?あの破壊力のあるケッキングが毎ターン攻撃出来るってことか……!」

エメラルド(なら、早くケッキングを倒さなきゃ……!)

エメラルド「ジュカイン、もどれ!いけ、アブソル!」

エメラルド(まずはチルタリスで眠らせて……)

サファイア「ケッキング、チルタリスにアンコール!」

エメラルド「しまった!?……くぅ、アブソル!ケッキングにきりさく!」

きゅうしょにあたった!

サファイア「ケッキングはそう簡単に倒れないわよ!」

チルタリスのしんぴのまもり!

しかしチルタリスのこうげきははずれた!

ネンドールはなまけてる

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 02:07:50.02 ID:L7DX4vjxO
エメラルド(きりさくが急所に当たってるからケッキングはもう1回アブソルで攻めればいける!)

エメラルド(ネンドールは死にかけだしほっといて……とりあえず、チルタリスを一度戻そう!)

エメラルド「チルタリス、もどれ!いけ、ミロカロス!」

エメラルド「アブソル、きりさく!」

サファイア「ケッキング、まもる!」

エメラルド「えっ!?」

エメラルド(どうして守ったんだ……!)

サファイア「エメラルド君……倒せるポケモンは倒しとかなきゃ?ネンドール、だいばくはつ!」

エメラルド「なっ……!?」

アブソルはたおれた!

ミロカロスはたおれた!

ケッキングはこうげきからみをまもった!

ネンドールはたおれた!

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 02:11:16.87 ID:GmeemPiNO
>>1大爆発好きだな

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 02:15:26.26 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「……」

サファイア「もどれ、ネンドール!……エメラルド君、なにボーッとしてるの?」

エメラルド「あ……!も、もどれ!アブソル!ミロカロス!」

エメラルド(強い……サファイアさんって、こんなに強かったんだ……!)

エメラルド「いけ、ライボルト!チルタリス!」

ライボルト「らいぼー」

チルタリス「ちるー」

サファイア「ライボルトとチルタリスか……よし、いけ!ボーマンダ!」

エメラルド「ボーマンダ……!」

サファイア「さて……油断せずにいくわよ!」

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 02:20:40.17 ID:L7DX4vjxO
エメラルド(ケッキングにボーマンダ……どっちを先に倒せば……!)

エメラルド「ラ、ライボルト!ケッキングにかみなり!」

ケッキングはたおれた!

エメラルド「よしっ!」

サファイア「お疲れ、ケッキングもどれ!ボーマンダ、チルタリスにドラゴンクロー!」

こうかはばつぐんだ!

チルタリスはたおれた!

サファイア「今のでおあいこね!」

エメラルド「くっ……!もどれ、チルタリス!いけ、サーナイト!」

サーナイト「さー」

サファイア「サーナイトね……いけ、ラグラージ!」

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 02:26:57.17 ID:L7DX4vjxO
エメラルド(追い詰められてる、圧倒されてるんだ……!)

エメラルド「でも、負けない……!ライボルト、ボーマンダにかみなり!」

ボーマンダはまひした!

サファイア「えっ!?」

エメラルド「よしっ……!サーナイト、ボーマンダにめざめるパワー!」

こうかはばつぐんだ!

ボーマンダはたおれた!

サファイア「まさかボーマンダがやられるなんて……!もどれ、ボーマンダ!」

サファイア「でも、おあいこにはさせてもらうわよ!ラグラージ、じしん!」

エメラルド「……!?」

こうかはばつぐんだ!

ライボルトはたおれた!

サーナイト「さー」

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 02:36:07.71 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「サーナイト!?」

サファイア「ラグラージのじしんを耐えたの……!?すごく育ってるのね!」

サファイア「でも、その子が最後の1匹……私は最後まで手は抜かないわよ!いけ、キノガッサ!」

エメラルド「まだだ……まだ諦めないぞ……!」

エメラルド(タイプ的にはキノガッサの方が有利だから、先にラグラージを倒して……!)

エメラルド「サーナイト……最後まで頑張るぞ!ラグラージにサイコキネシス!」

サーナイト「さー」

きゅうしょにあたった!

サファイア「ここに来て急所!?……まだ諦めてないのね!」

サファイア「私も手は抜かないわ……!キノガッサ、キノコのほうし!」

サーナイトはねむってしまった!

エメラルド「サーナイト!?」

サファイア「エメラルド君……楽しいバトルだったわ、ラグラージ!ハイドロポンプ!」

サーナイトはたおれた!

エメラルドはサファイアとのしょうぶにまけた!

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 02:48:14.96 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「負け……ちゃった……」

サファイア「本当にいいバトルだったね……エメラルド君」

エメラルド「……」

サファイア「私のポケモンもエメラルド君のポケモンも全力で戦った……私の最高のバトルだったわ!」

エメラルド「僕は……僕は……!」ぐすん

サファイア「エメラルド君……?」

エメラルド「ここまで来れるなんて……思ってなかったんです……!」ぐすっ

エメラルド「だから……今までは……負けてもしょうがないとか……思ってたけど……!」ぐすっ

エメラルド「ここで今……初めて知りました……!負けるのって……すごい……悔しいんだって……!」ぐすっ

サファイア「エメラルド君……よかったね、それはいいことだと思うよ……今は思いきり泣きな?」ギュッ

エメラルド「……はい……っ!!」

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 02:54:19.67 ID:L7DX4vjxO
エメラルド「……サファイアさん、ありがとうございました」

サファイア「全然いいよ……もう大丈夫?」

エメラルド「はい……今日からまた来年サファイアさんに挑戦するまで鍛えてきます!」

サファイア「エメラルド君、そのことなんだけどね……エメラルド君、チャンピオンやってくれない?」

エメラルド「え……?」

サファイア「私、自分がどこまで通用するか知りたいの……だから、カントーに行こうと思ってるの」

エメラルド「カントー……ポケモンリーグ本部……ですか?」

サファイア「そう……私、レッドさんに挑戦したいの!だから……いい?」

エメラルド「……わかりました、サファイアさんが戻ってくるまでチャンピオンの座を守っておきます」

エメラルド「それで……また僕とチャンピオンの座をかけて戦ってくださいね……!」

サファイア「うん……エメラルド君、ありがとう!」

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 03:05:43.96 ID:L7DX4vjxO
1年後

ルビー「さて……エメラルド、そのチャンピオンの座を譲ってもらうぜ!」

エメラルド「ルビーさん……サファイアさんと約束したんです、僕は負けませんよ!」

ルビー「っと、その前に……」

テレビ『さあ……大変なことが起こりました!

テレビ『ポケモンリーグ史上初めて、女性トレーナーがチャンピオンの座をかけて争います!』

ルビー「すげえよな、サファイア……マジでポケモンリーグのチャンピオン取りそうだぜ?」

エメラルド「サファイアさんなら絶対になれますよ!」

ルビー「お、サファイアに賭けるか?なら、俺はレッドさんだ!あの人負けそうな気がしないもん」

エメラルド「ず、ずるいですよ!ルビーさん!……わかりました、サファイアさんに賭けます!」

ルビー「お、言ったな?……よし、俺達のバトルはこれを見てからだ!」

エメラルド「はい!」

テレビ『勝つのは絶対王者レッドか、それとも挑戦者サファイアか……まもなくバトルが始まります!!』

end

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 03:12:59.35 ID:KQe9TVrWO
乙~

ライさんにまた会えるのか!?

193 : ◆oN9kdl1Ft. :2009/08/13(木) 03:17:16.40 ID:L7DX4vjxO
ここまで読んでいただいた皆さん、本当にありがとうございました……皆さんのおかげで、なんとか最後まで終わらせることが出来ました

『レッドとブルーの新婚旅行inシンオウ』とか『シロナ様が見ている』とか考えてましたが、ホウエンの進行速度から判断して書くのはもうやめておこうと思います

それでは座談会を始めます

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 03:32:36.55 ID:L7DX4vjxO
ライチュウ「……これからポケモン達の座談会を始める……まずは……エメラルドのパーティーからだ」

サーナイト「は、初めまして……サーナイトです……よ、よろしく……お、お願いします!」

アブソル「私はアブソルだ……よろしく」

ライボルト「拙者はライボルトでござる……皆さん、今日は一つよろしくお願いするでござる」

パチパチ

ライチュウ「……以上3匹……次はシルバーのパーティーだ」

バクフーン「アタイはバクフーンだ、よろしくな!」

クロバット「ワイはクロバット!よろしゅうな!」

バンギラス「ばーん」

クロバット「こいつはバンギラスや、仲良うしてやってくれや」

クロバット「……ってか、何で喋れへんこいつが代表やねん!」

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 03:42:46.03 ID:L7DX4vjxO
バクフーン「仕方ねえだろ?クジで選んだんだからよ」

クロバット「大体クジって何やねん!ワイが選ばれなかったらどうすんねん!」

バクフーン「それはそれでしょうがねえじゃねえか。なあ、バンギラス?」

バンギラス「ばーん☆」

クロバット「だから!何言っとるかわからへんやろ!他の奴ら、みんなポカーンとしてんで!?」

ライチュウ「……おい、そろそろ次に進みたいんだが……」

クロバット「大体、バクフーン!お前が作ったクジって時点で怪しいねん!お前、絶対仕組んどったやろ?」

バクフーン「何でアタイが仕組むんだい?仕組む理由がないだろ?」

クロバット「お前がここに来るために決まってるやろ!何考えとんねん、この……」

ライチュウ「……少し黙ってくれ」

ライチュウの10まんボルト!

きゅうしょにあたった!

こうかはばつぐんだ!

クロバット「うがああっ!!……痛え、羽根デカイからや!羽根デカイから急所に当たるんや!!」


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 03:51:23.71 ID:L7DX4vjxO
クロバット「って、何やらせんねん!!」

ライチュウ「……次、いっていいか?」

クロバット「あ……すんません、ホンマすんません」

ライチュウ「……よし、次は俺達レッドのパーティーだ」

カビゴン「どーも、ねむねごカビでお馴染みのカビゴンッス!よろしくッス!」

フリーザー「私の名はフリーザーです。皆さん……」

ライチュウ「……おい、何でてめえがいるんだ?リザードンはどうした?」

フリーザー「彼ならここに来る途中で風邪を拗らせたみたいですよ?そこで私が急遽……」

ライチュウ「……てめえがやったんだろ?……フリーザー?」

フリーザー「さて……何のことでしょうね?」

ライチュウ「……てめえ、あくまでも白を切るっつーんだな?なら……」

サーナイト「ケ、ケンカはやめてください!……た、楽しい座談会にしましょうよ……」

フリーザー「彼女はそういってますけど……どうしますか?それでもやりますか、ライチュウさん?」

ライチュウ「……すまねえ、サーナイト……じゃあ、座談会を続けようか」

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 04:06:11.92 ID:L7DX4vjxO
ライチュウ「……じゃあ、お題にそって話すぞ……『一番心に残るバトルは?』……だそうだ」

ライチュウ「……まずはエメラルドのパーティーから……ほら」

サーナイト「え……一番心に残るバトルですか……?ご主人様とのバトルは全部心に残ってますが……」

サーナイト「一番はプリムさんのユキメノコさんとのバトルです……あれは痛かったです」

ライチュウ「……そうか、次」

アブソル「私は……伝説のポケモン達を沈めた時だ」

アブソル「ほろびのうたは嫌いなのだが……初めて人の為になって今は良かったと思っている」

ライチュウ「……そうか、次」

ライボルト「拙者は特に名シーンみたいのはないでござる」

ライボルト「ただ、鳴き声がライチュウ殿と被るので毎回『ぼー』を着けるのだけは気を付けたでござる」

ライチュウ「……そうか、次」

クロバット「……待てや!司会!もっと話広げろや!何、全部流しとんねん!」

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 04:14:34.50 ID:L7DX4vjxO
クロバット「司会ならもっと話拾ってあげなアカンって!」

ライチュウ「……すまねえ」

カビゴン(ライチュウさんがどうでもいいことで謝ったッス……!)

クロバット「全く……しっかりしてや?」

ライチュウ「……よし……次はシルバーのパーティーだ」

バクフーン「アタイは……ライチュウ、アンタと戦った時だ」

バクフーン「あの時は負けて本当に悔しかった……そして、今もまだアンタに勝てないのが悔しい」

ライチュウ「……そうか……頑張れよ……次」

クロバット「ワイか?ワイはワイが進化したグリーンとのバトルや!」

クロバット「最後の最後にやっと進化したんや、読者さんも涙で家が浸水したやろうな!」

ライチュウ「……そうかもな……次」

クロバット「待てや!今のはワイのボケやろ!?ちゃんとツッコんでや!」

ライチュウ「……そうだったのか……すまねえ」

カビゴン(ライチュウさんが……また謝ったッス!)

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 04:22:07.59 ID:L7DX4vjxO
ライチュウ「……次は……バンギラスだったけか?」

バンギラス「ばーん☆」

クロバット「全部楽しかった、だそうや」

ライチュウ「……良かったな……次」

クロバット「待てい!さっきツッコまんかったけど全然話広げる気ゼロやん!何やってんねん、アンタ!?」

ライチュウ「……」

クロバット「大体な……クールなハードボイルドキャラに司会なんて務まらへんって!ミスキャストや!」

ライチュウのかみなり!

きゅうしょにあたった!

こうかはばつぐんだ!

クロバット「あがっ!?あがああああ……!」

ライチュウ「……次……いこうか」

カビゴン(ついにライチュウさんがキレたッス……!)

カビゴン(そのクールなキレ方……そこに痺れるッ憧れるゥ!ッス!)


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 04:29:52.02 ID:L7DX4vjxO
ライチュウ「……次は……カビゴンだな」

カビゴン「オイラッスか?そうッスね……レッドさんに捕まえてもらった時ッス!」

ライチュウ「……あの時か」

カビゴン「レッドさん、子どもみたいにはしゃいで……」

カビゴン「そのあと、冷静になって恥ずかしがってたのが可愛かったッス!」

ライチュウ「……そうか、次」

フリーザー「私もレッドに捕まる時ですね」

フリーザー「あの時は久々にライチュウさんと出会い、本気で倒してやろうと思ったんですけどねぇ」

ライチュウ「……あの時は俺も相当キレてたな」

バクフーン「ってか、アンタレッドのパーティーにいたか?覚えてないんだけど?」

フリーザー「いい質問ですね、バクフーンさん……お答えしましょう」

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 04:37:49.39 ID:L7DX4vjxO
フリーザー「私……いや、私達三鳥と呼ばれる者は前回皆いなかったですね?」

バクフーン「ああ……グリーンもブルーも使ってこなかったな」

フリーザー「あれは色々な諸事情がありまして……シンオウにいなきゃいけなくなった為です」

バクフーン「シンオウ……ああ、そういうことか」

フリーザー「理解が早いようで嬉しいですね……さて、最後はライチュウさんですよ」

ライチュウ「……俺か……俺は初めてワタルのカイリューと戦った時だ」

ライチュウ「……あの野郎……変な力を付けすぎたせいで……ワタルもろともパクられやがって」

フリーザー「あの人も昔はああではなかったんですがね……」

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 04:46:05.05 ID:L7DX4vjxO
ライチュウ「……さて、次は……なに、もう時間か?……なら、ひとりひとり感想を言って終わりだ」

サーナイト「皆さんとお話出来て……た、楽しかったです」

アブソル「私もだ」

ライボルト「今日は同じでんきタイプで尊敬するライチュウさんにお会い出来てよかったでござる」

クロバット「……」

バンギラス「ばーん」

バクフーン「……今度あるなら、まともなのを連れてくるよ」

カビゴン「楽しかったッス、またやりたいッスね!」

フリーザー「私のありがたい話を皆さん聞けてよかったですね」

ライチュウ「……次は司会なんてやんねえ」

全員(……気にしてたんだ)

ライチュウ「……じゃあ、みんな……また会う日までな……あばよ」

end

206 : ◆oN9kdl1Ft. :2009/08/13(木) 04:47:24.54 ID:L7DX4vjxO
これで全ての話が終わりです、読んで頂いた皆さん本当にありがとうございました


218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 08:31:15.85 ID:m+Zt0nY1O
レッドとブルーの新婚旅行見てみたかったが、まあ乙

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 08:49:43.19 ID:iihpnSW4O
>>1乙
アブソルとライボルト育成したくなったよ

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 09:45:53.43 ID:WDmGgUrkO
1乙!
さりげにレッド編からのROM専ですが最後?とか言うので礼をばとね
シロみてが読んでみたかったが1乙

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/13(木) 09:50:37.13 ID:RsmJaTdEO
>>1乙
面白かったぞい!

さり気なくシンオウ編フラグかましよってからに・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2chmatomeblog.blog67.fc2.com/tb.php/184-4ac7778e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。