2ちゃんねるまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 :JOSEPH◇CSZ6G0yP9Q:2009/08/19(水) 00:35:30
勇者「なんだこの部屋!?酒臭い!!」

魔王「あ、勇者だ~」

勇者「貴様が・・・・魔王か?」

魔王「いかにも・・・ヒック・・・私が偉大なる魔オオエェ!!」ゲロゲロ

勇者「あぁもう!!・・・誰かいないのか!?魔王がゲロッたぞ!!」

側近「あぁ、スミマセンうちのバカが・・・」



2 :JOSEPH◇CSZ6G0yP9Q:2009/08/19(水) 00:45:33
勇者「寝室を教えてくれ、こいつを運ぶから!」

側近「でしたら、そこ曲がった所が寝室ですので」

勇者「ありがとう、後、水も持ってきてくれ!!」

側近「はいはい」

魔王「うぃ~、酒を・・・」

勇者「ほら、立て・・・オヴ、くさっ!酒とイカ臭い!!」

勇者「ったく、なぜ俺がこんなことを・・・?」

3 :JOSEPH◇CSZ6G0yP9Q:2009/08/19(水) 00:57:32
勇者「ふ~・・・人から面倒見が良すぎると言われるが」

勇者「まさか、魔王の世話をするとはな・・・」

魔王「んがー・・・んがー・・・」

勇者「・・・女とは思えないくらい大きないびきだな・・・」


側近「あ、やっと寝ましたね」

勇者「あぁ、てか私は一応貴様等の敵のはずだが・・・」

勇者「なぜそんなに警戒しないんだ?」

側近「貴方に闘う意志が無いからですよ」

勇者「・・・」

側近「逆に、なぜ貴方はそんなに警戒して無いんです?」

5 :JOSEPH◇CSZ6G0yP9Q:2009/08/19(水) 01:10:31
勇者「闘う意志が無いのは・・・貴様等だろうに・・・」

側近「?、それはどういう意味です?」


一時間前/魔王城
門番「あ、勇者さん待っていました!いま門を開けますから!」

勇者「(おかしい・・)」

シェフ「あ、勇者さん、決戦前に腹ごしらえしときますか?」
勇者「い、いや、遠慮する・・・」

雑魚「あ、ここ転びやすいから気を付けて下さいね、勇者さん」

勇者「あ、ああ・・・・」


番犬「くぅ~ん、くぅ~ん・・・」

勇者「・・・」ナデナデ・・・

勇者「さて、そろそろ行くか」スッ

番犬「!、わん、わんわん」

勇者「・・・まだ撫でられたいのか?」

番犬「くぅ~ん、ハッハ」

7 :JOSEPH◇CSZ6G0yP9Q:2009/08/19(水) 01:22:39
勇者「斬れるか!あんな人当たりが良い魔物達!!」

勇者「ここまでエンカウント全くねぇよ!!」

側近「それは良いことじゃないですか」

勇者「良くねぇよ!」

魔王「う・・・う~ん」

側近「・・・とりあえず、今日は泊まって行きますか?」

勇者「無理、これ以上ここに居ると本当に魔物が斬れなくなりそうだ・・・」

魔王「う・・・ん・・・らりほー♪」キイイン

勇者「む・・・・?眠気・・・が・・・」

テーレーレーレーレーレッテッテー♪

11 :JOSEPH ◆QgZezYuQco:2009/08/19(水) 11:56:19
魔王「ふぁ・・・朝か・・・」

勇者「スゥー・・・スゥー・・・」

魔王「?、なんだこいつ・・・」

魔王「まぁいい、日課の朝ワイン飲むか・・・」

側近「ブルジョワか、お前は・・・」

魔王「ブルジョアではない、魔王だ」ゴクゴク

側近「勇者との決闘に酔っぱらう魔王が居ますか?」

魔王「む・・・ところで、そこにくたばってる者は?」

側近「ああ、勇者ですよ」

魔王「・・・敵の根城で眠るとは・・・迂闊な奴だな・・・」

側近「(お前が眠らせたんだけどな)」

12 :JOSEPH ◇QgZezYuQco:2009/08/19(水) 12:25:56
魔王「ふぅ・・・少し飲みすぎたな」

魔王「風呂に入ってくる・・・」ヨロヨロ

側近「勇者さんはどうします?」

魔王「適当に扱え」バタン

側近「はい・・・といっても、しばらく起きそうに無いな」

勇者「すぅー・・・すぅー・・・」

側近「・・・勇者さんは放置しといて」

側近「城の掃除でもしときますかね」

13 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/19(水) 12:39:43
勇者「ん・・・あの後、結局寝てしまったのか・・・」

シャー・・・
勇者「?、なんだこの音は」

シャー・・・
勇者「こっちからするな・・・」

シャー・・・
勇者「誰だ!」バタン

14 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/19(水) 12:45:02
魔王「!?きゃあああああああ!!」

勇者「なっ!?わああああああああ!?」

魔王「オオオオオオエエェ!!」ゲロゲロ

勇者「わああああああああ!!」

側近「どうしました・・・・!?」

魔王「み・・・見るなああああ!!ベギラマ!」テロレロレン♪

勇者「わあああああああああ!!!」

側近「ぎゃあああああああ!!!」

15 :JOSEPH ◇QgZezYuQco:2009/08/19(水) 13:09:21
雑魚1「へぇ・・・そんなことが・・・」

勇者「ああ、全く災難だ!」

雑魚2「おっぱい、魔王様のおっぱい!!」

雑魚1「(勇者さんも大分馴染んだなぁ)ベホイミ!」テロレロレン♪

勇者「ふぅ・・・ありがとう、楽になったよ」

雑魚2「おっぱいおっぱい!」

側近「次はこっちを頼む・・・」

雑魚1「はいはい、ベホイミ!」テロレロレン♪

側近「あのバカ・・・風呂が半壊してたから直しにいく」

雑魚1「側近さんも大変ですねぇ・・・」

側近「今に始まった事じゃないさ・・・」

雑魚2「おっpブヘラ!!」

雑魚1「うるせぇよ」

16 :JOSEPH ◆QgZezYuQco:2009/08/19(水) 13:23:24
魔王「はぁ・・・」

番犬「くぅん?」

魔王「男二人に裸体を見られてしまった・・・」

魔王「もう嫁に行けん・・・・」

番犬「わん!わん!」

魔王「元気出せってか・・・?」

魔王「ふふ、酒でも飲んで元気出すよ」ゴクゴク

魔王「なぁ、もし嫁に行けなくなったら貰ってくれるか?」

番犬「わんわん!」タッタッタッ

魔王「おいおい、何処へ行く?」タッタッタッタ

番犬「わんわん!」

雌犬「わん、わん」

魔王「・・・・」

魔王「う、裏切り者め!」

魔王「はぁ、酒でも飲もう・・・」

17 :JOSEPH ◆QgZezYuQco:2009/08/19(水) 18:16:58
勇者「しかし、改めて見るとこの城も大きいなぁ・・・」

魔王「む、勇者!」

勇者「あ、酔っぱらい」

魔王「酔っぱらいでは無い!魔王だ!!」

勇者「(なんで魔王が四六時中ずっと酒瓶持ってんだよ・・・)」

魔王「な・・・なんだ、その目は!?」

勇者「いや・・・お前等みたいなのが世界を崩壊させるなど
   信じ難くなってきた・・・」

魔王「?、なんだそれ?」

勇者「えっ?」

魔王「えっ?」

勇者「世界を崩壊させるんじゃ・・・?」

魔王「それは、お前達だろ!」

勇者「・・・・??」

魔王「・・・とりあえず、そっちの話を詳しく聞かせてくれ」

18 :JOSEPH:2009/08/19(水) 18:38:57
勇者「あ、ああ」

勇者「・・・私が旅立つ前の日の事だった・・・」

勇者「王都に一人の予言者がやって来てな・・・」

勇者「予言者の話では近未来、魔王とその手の者が世界を崩壊させるだろう、と」

勇者「国中がパニックになり、勇者の血を引く私が魔王討伐のためここまで来たんだ・・・」

魔王「そんなデタラメ・・・」

勇者「ああ、俺もここまで来るまでは信じて疑わなかったさ」

勇者「現に、魔物が人を襲う所を見たしな・・・」

魔王「・・・」

勇者「さて、次はお前の番だ」

19 :JOSEPH:2009/08/19(水) 18:49:12
魔王「・・・こちらも似たような物だ・・・」

魔王「予言者がやって来て、近未来、人間が世界を崩壊させるだろう」

勇者「成る程・・・」

魔王「最初は私も怪しがったが・・・」

魔王「軍の好戦派に丸め込まれてな・・・」

魔王「何時の間にか、人間を攻めていた」

勇者「・・・つまり、俺が見た人間を襲ってた魔物達は・・・」

魔王「ああ、好戦派の者だろう」

勇者「・・・目的は分からないが」

勇者「多分、黒幕は予言者だな」

20 :JOSEPH ◆QgZezYuQco:2009/08/20(木) 21:17:49
魔王「よし、では予言者を捜して潰すか・・・」

勇者「おう、俺は明日にでも出発する」

勇者「世話になったな、魔王」

魔王「?、何を言ってるんだ?」

魔王「私も行くぞ!」

勇者「え、えぇー!」

側近「話は聞かせてもらいました」

魔王「側近!」

勇者「いたのか・・・」

21 :JOSEPH ◆QgZezYuQco:2009/08/20(木) 21:37:48
側近「城のことは私に任せて、行って下さい」

魔王「だが、私がいなきゃ政治が」

側近「全く問題ありません」

勇者「(即答したよ・・・)」

魔王「これっぽちもか!?」

側近「それっぽちもです。むしろ邪魔です」

魔王「じゃ・・・!?」

側近「いつもいつも酒ばかりを飲んで、大体、いくら魔王に毒耐性があるからって
   調子に乗って飲みすぎです」

魔王「・・・」

側近「全く、少しは自重してくれないと・・・」

魔王「えぇい!うるさい!何だ、側近のバカ!アホ!」

側近「なんとでも言いなさい、貴方の陳腐な言葉では
   私を傷つけれませんよ」

魔王「スケベ!覗き魔!童貞!非処女!」

側近「・・・ちょっと待て!最後二つはどこで覚えた!?」

勇者「(このSS下ネタ多すぎだろ・・・大丈夫か?)」

魔王「教えてやるもんか!行くぞ、勇者!」

勇者「えぇ!?もう?」

側近「待て、コラ!」

22 :JOSEPH ◆QgZezYuQco:2009/08/20(木) 22:03:38
魔王「ゼェ、ゼェ、ここまで来れば・・・」

勇者「・・・勢いで飛びだしちまったけど、旅の準備とかは・・・」

魔王「それなら心配ご無用!この異次元カバンがあるのさ!」

勇者「・・・何だそりゃ・・・?」

魔王「なんでも、このカバンは城の倉庫に繋がってるらしく」

魔王「酒でも金でも取り放題なのだ!」

勇者「それは凄いな、何か出してみろ」

魔王「おう!まずは、酒を・・・あれ?」

勇者「・・・・どうした?」

魔王「これ、普通のカバンだ・・・」

勇者「・・・え?」

魔王「あ、中に何か入ってる・・・紙?」

『魔王様へ、悪戯に使われると困るので
 すり替えときました
   
            側近より』

魔王「・・・あんの[ピー]野郎があああああ!!」

勇者「女性がそんな事言うなあああああ!!」

魔王「全く。しょうがない・・・非常用の酒で我慢するか・・・」

勇者「非常用あるのかよ・・・デカ!」

魔王「非常用だからな!」

勇者「(どこに入ってたんだ?)」

勇者「・・・で、何処へ行くんだ?」

23 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/20(木) 23:04:59
魔王「む、そうだなぁ・・・」グビグビ

勇者「・・・とりあえず、付近の町へ行くか」

勇者「もう暗いしな」

魔王「・・・そうだな、酒もいつまで持つか分からん」

付近の町

町人1「勇者さん!魔王を倒したんだね?」

町人2「いや・・・でも、魔物はまだ徘徊してたぞ・・・」

町人3「どういうことだ?魔王を倒せば、魔物は全て消滅するはずじゃ・・・」

魔王「私が魔お・・・ムガ」

勇者「え~と、魔王を倒すには『聖なる石』というのが必要でな・・・」

勇者「それを取るために戻ってきたんだよ」

魔王「~~!!~~!」

町人1「ふ~ん、で、そこの子は?此処に立ち寄る時には見なかったが」

勇者「!?い、生き別れた妹です!魔王城で会ったんだ!」

町人2「あんま似てないねぇ・・・」

町人3「なんだか、どっかの打ち切り漫画みたいな設定だな・・・」

24 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/20(木) 23:23:41
勇者「じゃ、俺達はこれで・・・」

町人1「おう、頑張れよ~」

勇者「ふぅ、危なかった~」

魔王「全く、よくもあんなウソを・・・」

勇者「ははは・・・悪い・・・」

魔王「酒代で許してやろう」

勇者「・・・何Gくらいだ?」

魔王「2万Gだ」

勇者「そんなに飲むのか!?せめて1万Gくらいに・・・」

魔王「意義は認めん」

勇者「ック・・・釣りは頂くからな!」

魔王「好きにすればいいさ」

勇者「じゃ、俺は宿屋に居るからな」

魔王「おう」

25 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/22(土) 01:33:04
魔王「もっと酒もってこ~い」

マスター「お客さん、そろそろやめといたほうが・・・」

魔王「ヒック・・・まだ・・・いける・ふぁ~ぁ」

魔王「ぐがー・・・ぐがー・・・」

マスター「お客さん!?・・・寝てしまいましたか・・・」

26 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/22(土) 01:46:44
宿主「勇者さん、酒屋で連れが潰れてるってよ」

勇者「やっぱりか!」

酒屋

勇者「金はここにおいとくぞ」

マスター「はい、ありがとうございました」

勇者「ほら、起きろ酔っ払い」

魔王「もう・・・のめん・・・」

勇者「飲まなくて良いよ!てか、寝ぼけるな!起きろ」

魔王「んぁ・・・勇者・・・」

勇者「ほら、歩けるか?」

魔王「おんぶ・・・・」

勇者「子供か!甘えるな!」

魔王「歩いたらゲロッちまいそうだぜ・・・」

勇者「それだけは勘弁・・・ほらよ」スッ

魔王「おー、わりぃね」ドカッ

勇者「うっ・・・重・・・」

魔王「・・・・」

勇者「OK、全体的に俺が悪かった、願わくばその振りかざしてる手を
   静かに下ろしては・・・グッフゥ!」

27 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/22(土) 02:17:19
そんなこんなで予言者の元へ・・・

勇者「うわー・・・省略されたよ・・・」

魔王「これは酷い」

勇者「さて、この扉の先に予言者がいるということです」

魔王「それでは、開けますか」ギイィィ...

予言者「おや、勇者様と魔王様ではないですか、どうしました?二人揃って・・・」

魔王「貴様のウソの予言に惑わされて世界中が大変なことになってるんだぞ!」

勇者「許せたものじゃない」

予言者「・・・ククク・・・素晴らしいことじゃないですか・・・」

勇者「狂ってるな・・・」

予言者「なんとでも言いなさい」

予言者「ゆけ!我が最強のモンスター達よ!」

予言者はチーム呼びをした

勇者「邪魔だ!ギガブレイク!」

魔王「イオナズン!」

モンスター達「ぎゃあああああ!」

モンスター達は力つきた・・・

予言者「くっ・・・やりますね・・・」

予言者「奥の手を使いますか・・・ドラゴラム!」

予言者の姿が変わっt

魔王「えい!」パリーン

予言者「ぐっは!」バタッ

勇者「(変身してる最中に酒瓶で・・・鬼だ・・・)」

28 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/22(土) 02:29:07
側近「・・・そうですか、そんなことが・・・」

魔王「ああ、その後予言者は我が魔力で銅像に封じ込めといた」

側近「へー・・・で、なんで城に帰ってきて酒飲んでるんですか?」

魔王「へ?だって、元凶は断ったし・・・」

側近「将軍さんはまだ人間と戦争してますよ?」

魔王「あっ!戦争の方忘れてた!」

雑魚2「うはwww魔王様バカスwwwうぇwwwうぇww」

魔王「・・・メラミ」

雑魚2「うぎゃああああ!!」

勇者「・・・で、将軍とは?」

魔王「ああ、軍の実権握ってる人物だよ
   私もあいつに丸め込まれたな」

勇者「(こっちにも似たような人がいたな・・・)」

勇者「じゃ、将軍に会いに行くか・・・」

魔王「おう!」

29 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/23(日) 00:57:40
魔王軍 野営地

魔王「将軍はおるか?」

雑魚3「魔王様!将軍様はこの奥にいらっしゃいます!」

魔王「うむ」

勇者「・・・なんか、城の連中と随分ノリが違うな」

魔王「ここらの奴は将軍が調練してるからな」

勇者「・・・むしろ、将軍の方が魔王に向いてるんじゃね?」

魔王「いや、あいつは武人だからな、統率者である魔王には向いてないだろう」

勇者「(飲んだくれよりマシだと思うが・・・)」

将軍「おや、魔王様こんにちは」

魔王「よう、将軍」

勇者「はじめまして」

将軍「・・・そちらの方は?」

魔王「勇者だ」

勇者「おい、俺はお前等の敵ってことに・・・」

魔王「大丈夫だ、将軍は話が分かるやつだ」

将軍「・・・我らが宿敵勇者・・・敵の懐にのこのことやってくるとは」チャキ

勇者「・・・なんか殺気感じるんですけど!?
   話なんて分かってくれそうにないんですけど!?」

魔王「むぅ・・・おい、将軍・・・」

将軍「加勢ならいりませんよ、魔王様」

魔王「いやそうじゃなく」

将軍「これは男同士、一対一の勝負!
   邪魔立てしないで頂けたい!」

魔王「・・・」

将軍「さぁ!勇者!いざ刃を交えy」

魔王「ヒャダルコ」

将軍「ギャーーー!!」

30 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/23(日) 01:14:19
将軍「では、あの予言はウソだったと!?」

魔王「ああ、そうだ」

将軍「なんと・・・何故あの時、予言を疑わなかったのか!?」

魔王「・・・お前はあの時、平和すぎて欲求不満だったからだろ」

将軍「・・・こ、これからあの予言者を倒しに行きましょう!」

魔王「話逸らしたな・・・あいつはもう私と勇者で封印したよ」

将軍「なんと」

魔王「んじゃ、次は人間の方を止めに行くから」

魔王「これ以上被害出すなよ」

将軍「かしこまりました!」

勇者「(・・・)」

勇者「(あれ、俺空気?)」

31 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/24(月) 01:19:23
魔王「勇者、ルーラで城まで!早く!」

勇者「お、おう」

魔王「?、どうした」

勇者「なんでもねーよ、ルーラ!」ヒュンッ

将軍「魔王様・・・御無事で」

32 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/24(月) 01:53:57
城下町前

門番「誰だ、用件そ言え!」

勇者「勇者一行だ!国王に報告がある!」

門番「・・・よし、通れ」

魔王「・・・ここが城下町か・・・」

勇者「ああ・・・」

魔王「(皆、目が死んでる・・・)」

城内

国王「成る程・・・あの予言者が」

勇者「ええ、だから早急に軍の撤退を」

国王「ならん」

魔勇「「!?」」

勇者「何故ですか!?」

国王「魔物は、人間の世に入り込みすぎた」

国王「人間と共存を望み、民主主義などを謳いだした」

国王「矛盾してないか、自分たちは魔王という指導者を持ち上げているのに」

国王「魔物は、『私に』とって邪魔な存在なのだよ」

国王「だから、予言者を派遣したが・・・奴は最後まで私の事を
   言わなかったか・・・・」

勇者「・・・全て、貴方が仕組んだのか!」

国王「ああ、そうだ」

魔王「あんた・・・それでも王か」

魔王「王は、民のことを第一に考えろ!」

魔王「こんな奴と同格など・・・虫唾が走る」

国王「・・・誰だ、お前は・・・」

魔王「私は・・・魔王だ!」

33 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/24(月) 02:04:33
国王「・・・そうか、魔王が直々に・・・では、最高のもてなしをせねばな・・・」パンパン

ヒュッ

魔王「ぐっ・・・!?」ドス

勇者「魔王!どこから矢が・・・!」

兵士達「オオオォーーー!!!」ゾロゾロ

国王「さて、魔王には消えて貰った方が好都合だ」

勇者「なっ・・・!?魔王!しっかりしろ!」

魔王「ゆ・・・うしゃ」

勇者「魔王!待ってろ・・・ギガデイン!」ドゴン

勇者「天井に穴を開けた!これでルーラを・・・」

魔王「いつか・・・酒を飲もう・・・」

勇者「・・・え?」

魔王「ルーラ」

勇者「魔お」シュン

34 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/24(月) 02:09:00
国王「・・・自分以外の者をルーラなど、器用な事をする・・・」

魔王「・・・ベホマ」

魔王「ふん、やりたいことがあるんでな」

魔王「貴様の、抹殺だ!」

国王「取り囲め!畳みかけろ!」

兵士達「オオオォー!!」

魔王「うおおおおおお!!」ズバ

いつか・・・

兵士1「ぐあぁ・・・・」

酒を・・・

35 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/24(月) 02:23:45
シュン

勇者「う!!」

勇者「な、魔王!!」

勇者「ここは・・・魔王城か・・・」

雑魚1「勇者さん!どうしましたか!?魔王様は・・・」

勇者「雑魚1!、将軍と、側近を呼んでくれ・・・」

・・・

側近「そんなことが・・・」

将軍「・・・」スッ

勇者「待て将軍、どこへいく?」

将軍「魔王様の、弔いだ・・・」

勇者「落ち着け、やつは死なない」

将軍「なぜ言い切れる!貴様は人間だから良いかもしれんが」

側近「将軍さん!」

勇者「良いわけないだろ!!」

勇者「・・・すまん、取り乱した・・・とにかく奴は生きてる」

側近「・・・言っておきますが、魔王が死んだら全ての魔物が滅びる
   なんて言われてますが、あれは迷信ですからね」

側近「私達が生きてるからといって、魔王様が生きてるとは限らないのですよ」

勇者「ああ、その事は考えてなかったわ」

将軍「では、何を根拠に・・・」

勇者「約束したからな・・・」

36 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/24(月) 02:30:00
魔王「はぁ・・・はぁ・・・お前が・・・最後だぞ」

国王「・・・貴様に一つ問う」

国王「もし、民主主義を謳われたら王の席をはずすか?」

魔王「それ・・・が、民のためなら・・・喜んではずそう」

国王「ふん、浴が無い奴だ・・・」

魔王「欲なら、あるぞ・・・」

国王「何だ?」

魔王「酒を・・・たらふく飲みたい・・・死ぬまで、な」

国王「ふはは!私もそんな風になってたらな・・・殺せ」

魔王「じゃ、次はマシな人生を・・・」ドス

国王「」

魔王「ふぅ・・・・もう体力も魔力もないや・・・・」ゴロン

魔王「少し・・・寝て・・・回復を・・・」

37 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/24(月) 02:35:33
勇者「民主主義はうまく行ってるようだな」

側近「ええ、まぁ人間の方ではですが・・・」

勇者「魔物は指導者がいないとダメか・・・?」

側近「そのようですね・・・あんなのでも一応慕われてましたから」

番犬「わん、わんわん」タッタッタッタッ

勇者「どうした?番犬」

側近「珍しいですね、侵入者か雌犬が来てないのに持ち場を離れるとは」

勇者「・・・追ってみるか」タッタッタッタ

側近「ええ」タッタッタッタッ

38 :みんなの暇つぶしさん:2009/08/24(月) 02:44:07
魔王「うぃ~・・・の、飲み過ぎた・・・」

魔王「この城が見えた時・・・ちょいと喜びすぎたな・・・ヒク」

番犬「わん、わんわん!ハッハ」

魔王「お~番犬、会いたかったぞ~・・・」ナデナデ

番犬「くぅ~ん」

魔王「む・・・向こうから走ってくるのは・・・」

魔王「だめだ・・・目がかすんで見えぬ・・・」

側近「魔王様!!」

勇者「魔王!・・・くさ!!」

~fin~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2chmatomeblog.blog67.fc2.com/tb.php/201-01102b97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。