2ちゃんねるまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:11:22.00 ID:vbw6cNSZO
翌朝早くには俺は病室に向かった。ピーチはぐっすり眠っていた。


しかしキノ五郎さんの病室には誰も居なかった。
机の上にはあの指輪が残されていた。
俺はそれをポケットにしまい受付へ向かった。
嫌な予感が絶えない。


マリオ「キノ五郎さんは…」
受付「残念ながらあの御方は昨日御亡くなりになられました。」
マリオ「!」


頭が真っ白になった。


マリオ「嘘だろ…。」


キノコの神様は最後まで諦めなかった者に幸せを与える。彼は言っていた筈…。
そんな彼でさえ命を無くす程の絶望。今になって事の重大さを再認識した。


諦めなかった者などと今の俺が言える立場ではない。


キノ五郎さん…俺を叱ってください。俺を許さないでいいです。
全て俺にぶつけてください、憎んでください。
ただ必ず天国でお嫁さんと再会してください。
マリオはポケットの中を強く握り締めて泣いた。



242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:12:52.27 ID:OJBUAl3U0
全俺が泣いた



243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:13:06.52 ID:jd6CAlHoO
嘘だろ…


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:13:09.72 ID:F6/7r0p5O
ああー…


245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:13:33.82 ID:bQOMc+FW0
キノ五郎・・・


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:13:47.77 ID:YoSu8HzAO
うわああああああキノ五郎さん逝っちゃダメだ・・・



248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:17:12.31 ID:7LmOjPGEO
この展開に思わず叫んだ



250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:18:32.09 ID:vbw6cNSZO
しかしいつまでも落ち込んでいる暇は無い。
家に帰る前に職を探さなければと、いろいろな店を周った。


しかしどの店もこの歳では爪弾にされるだけだった。
中には顔を見ただけでしっしっと手を払う人までいた。
新しいスタートは思っているよりずっと難しそうだ。


ピーチに何て言えば良い。俺はトボトボ家へ向かった。



252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:20:47.03 ID:vbw6cNSZO
ピーチ「そうだわマリオが一番辛いのよ…あたしが一緒に暮したばかりに、こんな目に…。」

ピーチは自分を責めていた。マリオも自分を責めている。
そんなすれ違いが二人に距離を作っている。
そんな時彼女は閃いたのだ。


ピーチ「そうだわ、花を摘んできましょう。今は少しでも彼を喜ばせなきゃ。」
ピーチ「あたしが悪いんだから…。」
ピーチ「ヨッシーちゃんちょっと行ってくるね。」
ヨッシー「でってぃう。」



ピーチはあの泉へ向かった。



253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:22:02.57 ID:YoSu8HzAO
ノコノコ達が何か仕出かすのか
ルイージ達が何かするのか気になって眠れねえ



254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:22:52.36 ID:jd6CAlHoO
ピーチ行くなぁぁぁ!そこには『あの』フラグが…!!



257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:28:55.75 ID:vbw6cNSZO
ピーチ「あれ…あの子は…?」
孤児キノコ2「あぁ!お姉ちゃんだ!久し振り!」


ノコ爺さんの家にいた女の子キノコだ。


ピーチ「久し振り///」


子供の顔を見ると気持ちがほぐれる。
ピーチを支配していた不安の塊が少し軽くなった。


孤児キノコ2「ねぇねぇ何してんの?」
ピーチ「お花を摘みに来たのよ。」
孤児キノコ2「あたしも手伝う~///」
ピーチ「いいの?」
孤児キノコ2「だってあたしお姉ちゃん大好きだもん♪
おっきくならお姉ちゃんみたいになりたいの♪」


子供は素直だ、普通の大人なら到底言えない事でも恥じらい無く言える、
彼女をみてると心まで洗われてる気になれる。


ピーチは彼女と一緒に花を摘み始めた。太陽が綺麗だ。



262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:37:49.54 ID:vbw6cNSZO
孤児キノコ2「このお花綺麗でしょ♪」
ピーチ「すっごく綺麗よ♪貴方みたい。」
孤児キノコ2「えへへ///」



そんな会話をしながら花を集めて時間を潰していると突然何かがやってきた。



孤児キノコ2「やだ!放して!」
ピーチ「…!その娘を放しなさい!」
クリボー1「放さないぜ譲ちゃんよ!」
クリボー2「餓鬼をいじめんのは最高のストレス発散だぜ!」



だめ!その娘をいじめちゃだめ!ピーチは走った!
すると誰かが腕を掴んだ。


ノコノコ1「そうはさせませんよ。」
ピーチ「貴方達!そんなんじゃ何も報われないわよ!」
ノコノコ1「報われないのは貴方ですよ、くくく。来なさい!ノコレンジャー!」


草むらからノコノコ達が飛び出してきた。



ノコノコ2~5「参上!ノコレンジャー!」



263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:38:53.75 ID:Mocp4X4H0
うわああああああ止めてくれえええええ



265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:40:17.80 ID:vY0HeQ+e0
ドッピュリーノクルーーーー



270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:44:40.91 ID:j7opt8om0
レイプらめぇえええええええええええ



272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:47:11.54 ID:vbw6cNSZO
ピーチ「いやぁああ!やめて!」
ノコノコ1「フヒヒ…。」


ピーチの服は無残にも破かれた。すると一枚の写真が、落ちて来た。


ノコノコ1「おや、何の写真ですか?きったない写真ですねえww」グシャ


ノコノコは力一杯踏みにじった。目の前で写真がバラバラに破れている。
いつも自分を守ってきた大切な思い出は儚くも引き裂かれた。


ピーチ「嫌…嫌…!やめてえ…やめてぇ…グスン」


彼女のひ弱な声がノコノコ達に届くはずは無く。ノコノコ達はピーチを押し倒した。


孤児キノコ2「やめてぇえええ!お姉ちゃんをいじめないで!」
クリボー1「おっと餓鬼はだまってな!!!」
孤児キノコ2「ああああああ!」


クリボーの強力な頭突きが孤児キノコ2の頭の一部を砕いた。


ピーチ「いやぁああああ!!!」



273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:48:09.78 ID:F6/7r0p5O
なんという鬱展開…



276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 00:56:31.50 ID:Mocp4X4H0
子供の目の前でとか鬼畜過ぎるシチュエーション


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2chmatomeblog.blog67.fc2.com/tb.php/56-cdd567f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。