2ちゃんねるまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:17:39.87 ID:vbw6cNSZO
泉に着いた時俺は自分の目を疑った。


マリオ「ピーチ!」


無残に服を引き裂かれ、体中醜悪な液体を浴びたピーチがいる。
何があったかは想像がついた。彼女は泉の中へ向かって歩いている。


まさか…。


マリオ「やめるんだピーチ!!!」


俺は彼女の方へ走ったがその刹那


―来ないで―


マリオの心の奥底のさらに深い所で彼女の声が響いた。
俺は石化されたように固まり動けなくなった。動け。頼む、今しかないんだ。



彼女は進むにつれて徐々に泉に沈んで行く。
花が水面に揺れながらユラリユラリと手を振っている。




ダメだ…止めなくては。




418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:24:29.98 ID:vbw6cNSZO
マリオ「行っちゃダメだ…!」


君が居なくなったら俺は…この期に及んでなお自分の事を気にかけてしまった。


しかし体が動かない。
絶対的な距離、近くて遠い、惨たらしい距離、
今日まで極めて近付いていた二人の距離が今形になって開いていく。


夢なら覚めてくれ。彼女との距離は開くばかり、既に彼女は腰まで水に浸かっている。



彼女が、思い出が、幸せが、水に溶けていく。

少し空が曇って来たと思ったとたん雨が降って来た。
ピーチの雨に濡れてクシャクシャになった髪や服にはかつての面影は無い。


マリオ「ピーチ!」


何度も何度も名前を呼んだが、
雨の音にかき消されているかのように彼女は振り向かない。


何万回の誓い、思いが冷たい雨の雫にに打ち抜かれて崩れていく。


幼い頃公園の砂を固めて作った城が翌日には崩れ去ってしまってた光景が思い出された。



419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:28:55.92 ID:Z8BjaWgaO
ピーチィィィィィィッッッ!!!!!!



421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:31:14.49 ID:vbw6cNSZO
空よ、そんなに泣かないでくれ。俺達を哀れみないでくれ。


体が動かないなら言葉しかない。言葉を直接心にぶつけるしかない。
俺に残された言葉、彼女に言いそびれたたった一つの言葉を。



マリオ「ピーチ、俺はお前を愛してる…!」


ピーチはマリオの方を振り向いた。
しかし彼女は今までみたことないくらい辛い顔をしていた。



―ごめんね―


ピーチは下唇をかみ締めてマリオの目を見た。
彼女は泣いている。雨の中でもハッキリ分かる程確かに泣いている。


あんなにも笑顔をくれた彼女が…あんなにも泣いている。
彼女を救いたい救えない。彼女を連れ出したい連れ出せない。


マリオは膝をついた。あの時と同じだ。
目の前の光景に打ちひしがれて見てる事しかできない。


ああ、声が聞きたい、笑っておくれよ…俺には君が必要なんだ。
非情にも雨の織り成す狂詩曲は終奏へと加速して行く。




422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:32:26.74 ID:2hqk6fTN0
桃姫ぇ!ああああああああああああ!



423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:34:39.92 ID:FdZPCTMM0
下唇をかみ締めてマリオの目を見た

>>1よお前は何度おれを泣かせるんだ…
そういう時たいてい男は動けないんだよな、なんかすごく分かるんだが。



424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:34:41.00 ID:sG+04xCb0
やめてえええええええええ



427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:42:06.74 ID:Anh2urg60
うわああああああああああ



426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:41:00.53 ID:vbw6cNSZO
ピーチはやがて泉に沈んだ、俺は本当に長い間動けなかった。



暫くしてピーチの抜け殻が浮かんで来た。魂を失った冷たい骸。
やがて空は晴れて太陽が泉を照らす。彼女の白い素肌はキラキラ輝いてた。


泉の花々は静かに流れ、彼女だけ時間が止まっているように泉に浮かんでいた。
先程より少し暖かく湿ったい風が嫌に感じるくらいに吹いている。


風に揺られる花は綺麗でいて神秘的で、
滴る雫の奏でるピチカートが四方八方から聞こえて来る。

雨上がりの曇の間から出る光が俺とピーチを照らしていた。



428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:42:37.48 ID:DiNQtgjSO
(´;ω;`)


429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:42:40.20 ID:rNpSkIeFO
いやあああああああ


432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:43:06.52 ID:oVbE1tb80
ああああああああああああああああああああ


433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:43:28.77 ID:bWCBNJeN0
( ゚д゚ )


434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:43:51.70 ID:fjQ7hvN90
そうだ、ドラゴンボールを探そう


437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 21:49:23.93 ID:PJdNb26M0
>>434

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2chmatomeblog.blog67.fc2.com/tb.php/58-b2237283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。