2ちゃんねるまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
44 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/03(金) 22:48:12.96 ID:9VX/bkZF0
スライムは 絵本をひらいた
幼女「これ、幼女とにてるね?」
スラ「そうだね。これは『人』っていうの」
幼女「でも、幼女とちょっとちがう」
スラ「そうだね。『人』には、つのもキバもつばさもしっぽもないもんね」
幼女「幼女は、『人』?」
スラ「うーん…どうかなぁ?どっちだろうね?」



45 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/03(金) 22:50:45.58 ID:9VX/bkZF0
スラ「幼女ぉー。あぶないから、そろそろ降りておいでー」
幼女「スラ!すごい!すごいよ!外、ひろい!」バッサバッサ
幼女「たかいたかい!きもちいい!」
幼女「どこでもいける。どこまでもいける」
幼女「あ…スラ、ちいさくなった…」
幼女は 木の上でおびえている



46 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/03(金) 22:53:08.44 ID:9VX/bkZF0
(何処かの村 酒場)

戦士「おい。魔物の群れが住む"巣"の情報が手に入ったぞ」
魔法「マジで?!ヒャッハァ!!狩り放題じゃねぇか!」
勇者「かなり良い話じゃねぇか。この辺の魔物はあらかた倒しちまったもんな。」
魔法「だけど…また賢者の野郎がゴネるんじゃねぇのか?」
勇者「…お前らちょっと耳貸せ…俺にいい考えがある…」ごにょごにょ
戦士「お、いいねいいね!」
魔法「よし、作戦決行ー!」



49 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/03(金) 22:55:02.87 ID:9VX/bkZF0
戦士「というわけでさー、俺達、真面目に修行しようと思うんだ」
賢者「………」
勇者「ここのところ、修行サボりまくってたからさー
   ここらで性根を入れ替えて、真面目に世界平和に貢献しようと思ってさー」
賢者「ああ!そうだったのですか!ようやく勇者らしいお考えになったのですね?!」
魔法「だから賢者ちゃんさー、俺達と一緒に修行しに行かない?」
賢者「ま、まぁ、そういう事であれば…」
勇者「サンキュウ!助かるよ!」

魔法(はっ。ちょろいな)



51 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/03(金) 22:57:14.17 ID:9VX/bkZF0
(山奥の荒れ果てた教会)
女児「…あめ」
スラ「雨だねぇ」
女児「とぶ練習したい」
スラ「雨だからまた明日ね」
女児「練習しーたーいー」じたばた
女児は じたばたした!
しかし なにもおきなかった
ガラガラピッシャーン!
女児「ひゃぁっ!」ぶるぶる
スラ「女児は相変わらず雷ニガテだなぁー」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/03(金) 22:58:42.42 ID:dhHA9b1/O
ところでパンツ履いた方がいい?脱いだままでいい?


55 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/03(金) 22:59:41.55 ID:9VX/bkZF0
スライムは みがまえている
女児「スラ!いくよー!ほっ!」
女児の こうげき!
スライムは さっと身をかわした
スライムの こうげき!
ミス!女児にダメージをあたえられない
スラ「あぁー。ボクじゃもう相手になれないかなぁ」
女児「まだまだー!練習、れんしゅぅー!」



56 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/03(金) 23:04:05.83 ID:9VX/bkZF0
スラ「3、2、1…よし、OK!」
女児「ふひぃー。つかれたー」
スラ「かなり長く飛んでられるようになったね」
女児「もっと高く、たかぁーく飛びたい」
スラ「もうちょっと練習してからね。さあ!おやつにしよう」
女児「わぁいわぁい」
女児の最大HPが 6あがった!
女児の最大MPが 6あがった!
女児のすばやさが 3あがった!



57 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/03(金) 23:07:02.31 ID:9VX/bkZF0
女児「すごいな、すごいな」
スラ「スライムはどこでも登れる」ずりずり
女児「女児も登れる?」
スラ「女児は、スライムじゃないから登れないよー」
女児「ずるーい!天井よじよじしたいー」
スラ「そのかわり、女児は飛べるでしょう?」
女児「あー。そっかーw」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/03(金) 23:11:50.95 ID:6CkASJawP
幼女から女児になったんだな


58 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/03(金) 23:11:16.98 ID:9VX/bkZF0
(どこかの岩山へ向かう道)
勇者「この辺りだろ、戦士が言ってた例の洞窟って。」
戦士「おう!自慢の斧がやっと振るえるな!」
魔法「お宝ガッポガポだぜ!」
賢者「えっ?皆さん今なんて」
勇者「いや、何でもないよ…っと!」
勇者の こうげき!
賢者「ぽぺっ?!」
賢者は気絶した!




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/03(金) 23:12:26.80 ID:jKbcIjWq0
スライムさん一家逃げてー


61 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/03(金) 23:14:25.15 ID:9VX/bkZF0
(どこかの岩山 岩穴)
勇者「ひゃっはぁ!」
魔法「イオンラ!メランミ!」
戦士「魔人切りぃ!」
魔物A をたおした! 魔物B をたおした! 魔物C をたおした!
魔法「ヒャダンイ!」
戦士「蒼天魔斬っ!」
勇者「オラオラァ!」
魔物D をたおした! 魔物E をたおした! 魔物F をたおした!



63 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/03(金) 23:16:31.46 ID:9VX/bkZF0
賢者(うーんうーん)
魔法「すげぇ!ボロ儲けだな、おい。」
戦士「ああ。夜明けまで待って、寝込みを襲ったのは大正解だったな!」
魔法「これでいくらだ…?ひぃふぅみぃ、と」
勇者「おい。死体はよーく燃やしとけよ!くせぇからな!」
賢者「うーんうーん…はっ」
賢者は 目を覚ました!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2chmatomeblog.blog67.fc2.com/tb.php/72-ac40fe5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。