FC2ブログ
2ちゃんねるまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
704 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 19:11:33.91 ID:Y8UzPYptO
ルイージ「時間も早深夜一時、そろそろ本日の最終イベントとさせていただきます。
      
今から始まる一大イベントにはある有名なゲストをお呼びしております。」


会場がザワザワと騒がしい。


「おい来ねえぞ。」
「ゲストって誰だ。」


等と口々に言い散らす人々。すると天井の吹き抜けから何かが落ちて来た。


ルイージ「…来たか。」


ルイージの口元が小さく笑った。



706 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 19:12:53.89 ID:Y8UzPYptO

―いいかクッパやつは必ず教会にいる。
 
あそこは奴が小さい頃父親を葬儀した場所だ。
 
奴はそこを死に場所に選ぶだろう。―


―これをもっていけ、対ショック性ホームランバットだ。
 
しかし飛距離はあの壮快感を損ねない。
 
夜0:00を過ぎたら奴を全力でここへ打て。失敗は許さない。―



―分かった。それがあいつの未来なら俺様がキッカケを作ってやる。あいつは親友だ。―


―任せたぞ。―


ルイージ「遅かったな。」
マリオ「ここは…。」
多くの観客を前にマリオが立っていた。



708 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 19:15:45.18 ID:Y8UzPYptO
ルイージ「デイジー、あれを持ってこい。」
デイジー「かしこまりました。」


するとその美女は奥からMと刻まれた赤い帽子を持って来て俺に被せた。


その瞬間会場のゲスト達やゲーム業界著名人、
テレビを見ていたコアなゲームファンは彼が何者であるか気付いていた。


永遠の主人公。マリオだ、赤が帰って来た。


「He is a Mario!」
「You are Mario!」


会場からは声援が沸き起こった。
拍手に後押しされて子供の頃夢に見たヒーローが帰って来た。


ルイージ(おい…テレビ来てんだぞ。何か喋れ。)
マリオ(まだ混乱している…何を言ったら。)
ルイージ(思う事なんでもいいから喋れ早く。この物語りの主役はお前だ。)



マリオは静かにマイクを握った。



709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 19:17:45.50 ID:Y8UzPYptO
痛みや感覚は殆ど無かった。最後の力だ。

マリオ「俺は今生きている。ここにいる。それ故に幸せや不幸を感じる。
    
それはやはり俺が一人ではなく貴方達がいるから分かる事なのだ。」


いきなり何を言い出すのかと会場がざわめいた。


マリオ「俺は自分の居場所を裏切った。何度許を請うても意味は無いだろう。」

マリオ「しかし、大切な人達がいた。ただその為に頑張ろうと思い、今に至ったのだ。」


会場からはざわめきが絶えない。マリオは続けた。



710 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/27(月) 19:20:29.07 ID:Y8UzPYptO
その光景は世界規模で放送されていた。


幼女キノコ「ふわあぁ…」

母キノコ「貴方まだ起きてたの。もう寝なさい。」

幼女キノコ「だってサンタさんに会いたいんだもん。
       
良い娘にしてたらクリスマスには来るんだもん。」


TV「例えば家族の誰かが足りない時、何を思いますか。
   
悲しいだけではない、哀愁や切なさ、苦しみを背負うでしょう。」


幼女キノコ「あれ!サンタのおじさんだ!」

少女には言っていることは分からなかったが、
ただマリオの言葉は彼女の最も深い所で琴線に触れていた。



マリオ「しかし笑顔まで無くした時、それは本当の悲しみになる。
    
だから我々は笑うのだ。無邪気な心を弾ませるのだ。
    
子供のように純粋で柔らかな笑顔は人を幸せにする。」


少女はTVに釘付けだった。幼いながらに泣いていた。
涙の意味を知る筈は無く、ただ心のままに泣いたのだ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2chmatomeblog.blog67.fc2.com/tb.php/87-d4e9123b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。