FC2ブログ
2ちゃんねるまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 13:25:50.04 ID:SKFkM4h00
男「はぁ、奴隷ですか」
魔「うん、奴隷」
男「断ると死んじゃいますかね?」
魔「どうだろ。メイド長が怒れば死んじゃうかも」
男「あなたは別にいいんですか?」
魔「いや、私としてはちょっとストレス解消に人を拉致ってみたかっただけだし。さらったからには奴隷くらいがちょうどいいかなって思っただけだから」
男「理不尽だなぁ」
魔「魔王ですから」
男「ですよね」
魔「ですよ。で、どうする?」
男「わかりました。奴隷でお願いします」
魔「オッケーです。じゃ、街掃除とトイレ掃除どっちがいい?」
男「街掃除っていうのは?」
魔「虐殺したあとに家屋とかに火をつけて回る役」
男「トイレ掃除で」
魔「ん。ちなみにうちのトイレ千個以上あるから気をつけてね」
男「なんとぉー!?」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 13:34:06.49 ID:SKFkM4h00
メ「私はとても不愉快だ。なぜだかわかるか」
男「トイレの数が多いからです」
メ「そうそういくらなんでも多すぎって違う! なぜ奴隷のお前に私が案内をしなければならんのだ!」
男「いや、魔王さんがそういったんじゃないですか」
メ「……王のきまぐれでなんでこんなことを」
男「お気持ちお察しします」
メ「ああ、ありがとう……ってそうじゃない! 何でお前に慰められにゃならんのだ!」
男「いや、なんとなく」
メ「……一つでもミスしたら殺す」
男「え、それは困りますね」
メ「ふん。当然だろう。奴隷としての身分をわきまえるのだな」
男「そうですね。お互い頑張りましょう」
メ「ああ、私も実質奴隷のようなものだからなっていい加減にしろっ!」
男(面白い人……じゃなくて魔物だなぁ)


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 13:40:07.85 ID:SKFkM4h00
男「そういえば、なんで人間と戦争してるんですか?」
魔「んーとね、互いが互いに餌になるからかな」
男「ああ、確かに。城の中に結構美味しそうな魔物さんとかいますよね。門番の亜人さんとか」
魔「いや、あれ結構まずいよ」
男「食ったんですか」
魔「つい……」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 13:45:54.09 ID:F5XygpY50
俺が奴らの相手をしているうちに早く続きをかくんだああああああああああああああああああああああああああああ

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 13:52:36.30 ID:SKFkM4h00
男「メイド長、じゃがいもの皮むき終わりました」
メ「よし、向こうに回せ」
男「了解です。でも、意外ですね。魔物もこういうもの食べるなんて」
メ「黙れ人間。下等な貴様が余計な口を叩くな」
男「あ、メイド長。顔汚れてます。ふきますね」
メ「む、すまない……って私の体に触れるな! 汚らわしい!」
男「触れているのはタオルですから問題ありませんよ」
メ「そういう問題ではなく……! お前が王の奴隷でなければこの場で殺すものを……」
男「やめてくださいよ」
メ「ほう……やはり貴様でも命はおしいか」
男「いえ、さっきからコック長がすごい目でにらんでるので、メイド長のじゃがいもも早く片付けたほうがいいんじゃないかと思って」
メ「何っ!? き、貴様そういうことは早く言え! こ、コック長、すぐに終わらせるから待っていろ!」
男(僕にやれって命令すればいいのに)


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 14:00:54.91 ID:SKFkM4h00
魔「なー、男。なんでお前私ら怖がらないの?」
男「何ですか、いきなり」
魔「いやさー普通人間って魔物怖がるじゃん。食われるだのなんだのって」
男「そういえばそうですね」
魔「でもお前ここ来てから一回も私ら怖がったことないしさ、結構疑問なんだよね」
男「んーよくわかりせんが、怖がる理由がないじゃないですか」
魔「んー? 殺されるとか思わないの?」
男「なんでですか?」
魔「あれ? なんでだっけ?」
男「?」
魔「?」
男「あ、そんなことより洗剤切れちゃったんで補充の許可もらえますか」
魔「ん、オッケー」
メ(ツッコミたい……王はともかく人間の頭に一発でもいいからツッコミを入れたい……!)

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 14:08:08.79 ID:o8ZYdly6O
wktk

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 14:14:29.77 ID:SKFkM4h00
魔物1「おい人間! ここ掃除しといてくれや! 人間はちいせぇから細かいとこまでキレイになるからなぁ!」
魔物2「おう人間! この前のメシはなかなかだったぞ! 次もお前に作らせてやらぁ!」
男「ありがとうございます。この仕事が終わったら順次やらせてもらいますね」
メ「……お前、最近他の奴らから評判がいいじゃないか」
男「あ、メイド長。ええ、みなさんああ言ってくれるのでこっちもやる気が出ますよね」
メ「ふん、気楽な奴だ。ちょっとでも気を損ねれば死ぬというのに」
男「そのときはそのときですよ。そうだ、メイド長明日時間ありますか? 街に一緒に行きたいんですけど」
メ「何っ!? 貴様い、いきなり何を言い出すのだ!」
男「魔王さんの召し物を新調しようかと思って。男の僕じゃあまりよくわかりませんし、魔王さんの趣味ならメイド長が一番よくわかっていると思ったんですけど」
メ「ふん。そういうことか、いいだろう。あくまでもこれは王のためだ。決して貴様と好んで出かけるわけではないからな!」
男(……もしかしてわかって言ってるのかな?)

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 14:15:31.47 ID:KoL2u2EJ0
ツンデレktkr

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 14:24:15.46 ID:FaOfcJ9iO
わほわほ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2chmatomeblog.blog67.fc2.com/tb.php/92-c0251411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。