FC2ブログ
2ちゃんねるまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 16:57:02.02 ID:SKFkM4h00
男「戦争、終わりませんね」
魔「まぁね。『勇者様』が活躍してるみたいだからなーこの前もトロールが殺されちゃったし」
男「ええ、気さくでいい方だったんですが。力仕事で手伝っていただいたことも多々ありました」
魔「ま、人間側からすりゃ魔物の性格なんて知ったこっちゃないんだろうけどな。知ってるか? 人間たちの世界では私たちは世界制服をたくらんでるらしいぞ」
男「たいした大義名分ですね。それで魔物を片っ端から殺していくのだから」
魔「そんなことされるとウチにも面子があるからな。やってやり返しての泥仕合だ」
男「このままだと共倒れですよ」
魔「それでも魔物全てが奴隷になるよりはいいさ。ここにいるやつはそれなりに誇り持って戦ってる」
男「……やっぱり僕は人間です」
魔「お前はそれでいいんだよ」

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 17:01:56.71 ID:oIovQexFO
ディスガイアを思い出した

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 17:04:52.87 ID:sIamSysY0
トロールウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 17:05:36.01 ID:5nD7qxl9O
なんだか切ないな

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 17:07:43.86 ID:SKFkM4h00
魔「お前が勇者だったらよかったのになー」
男「そうですか?」
魔「お前が勇者だったら、必要な数だけ殺して戦争が終わりそうだもん」
男「想像がつきません」
魔「で、私とお前が結婚して魔人和平条約を結んで終了だ」
男「ああ、そうなったらいいですね」
魔「そして、私たちの子供が世界制服をたくらむと」
男「なんとぉー!?」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 17:08:12.51 ID:ZKQZ3TSuO
これは男迫害フラグ


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 20:01:00.58 ID:SKFkM4h00
メ「人間」
男「はい、なんですか?」
メ「殺してもいいか?」
男「ええ、どうぞ。お好きなように」
メ「……昨日、また魔物の群れが殺されたよ。相手は『勇者様』だ」
男「もうすぐここに来るんでしょうね。報告場所が近くなってきてますし」
メ「私は今、人を殺してやりたいと思ってる」
男「はい」
メ「……なぜお前は逃げない」
男「メイド長から逃げる意味が特にありませんので」
メ「死ぬかもしれないんだぞ」
男「といわれても、僕は奴隷なわけですし。主のありのままを受け入れるのが役目だと思いますから」
メ「……もういい」
メ(怖いと一言言えば……お前をただ人間として見られるものを……)

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 20:11:40.44 ID:SKFkM4h00
魔「最近メイド長の元気がないなー」
男「何かあったんですかね」
魔「男に告白したくてうずうずしてるんじゃないか?」
男「え、僕告白されるんですか?」
魔「うん。私らの場合、私と子作りしてくれってダイレクトな言い方になるんだけど」
男「メイド長綺麗ですから、そうだったら嬉しいですね」
魔「動じないよねーホント」
男「性格ですから」
魔「じゃあ私と子作りしようか」
男「なんとぉー!?」

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 20:15:08.60 ID:EgZt5Ux0O
なんとぉー!?

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 20:16:31.83 ID:vMFtXXx5O
なんとぉー!

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 20:17:20.65 ID:69p0UV+Q0
なんとォー!?


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 20:42:36.85 ID:SKFkM4h00
メ「なぁ、男。お前はなぜそこまで人に無関心でいられる」
男「無関心ってわけじゃないですよ。早く戦争が終わればいいと思ってます」
メ「……今、この瞬間にもお前の知り合いが私たちに殺されているかもしれない状況で、平然としていられるのにか?」
男「ああ、僕孤児院に入れられてたんで、知り合いはそんなにいないです」
メ「……そういうことではなく!」
男「あそこの人たちより、魔王さんやメイド長のほうがよっぽど心配ですよ」
メ「……!」
男「僕はただ平等に見ちゃうだけですよ、多分。だって性格に人も魔物も関係ないでしょう?」
メ「お前は、壊れているんだな」
男「そんな僕でも魔王さんやメイド長が笑ってくれれば、問題ありません」
メ「……お前は、魔物であるべきだった」
男「そうかもしれません」
メ「馬鹿もの……」

男「ああ……ようやく笑ってくれましたね。よかった」

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 20:44:33.89 ID:SDURT++S0
死亡フラグを連発される恐ろしさ!

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 20:46:11.61 ID:fizIbXMWO
死なせちゃダメえぇぇええぇぇえ

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 20:49:21.08 ID:0BgMzHHTO
wktkと不安が入り混じっている

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 20:53:52.04 ID:uesL763YO
勇者を男が説得すればいいんだ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2chmatomeblog.blog67.fc2.com/tb.php/95-6673d321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。