2ちゃんねるまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 21:49:23.55 ID:SKFkM4h00
魔「その悪の首領ってのは誰から聞いたの?」
勇「王様です。国中に言ってますよ。『我らが世界を侵略しようとする魔王軍を打ち倒せ』みたいなことを」
魔「んなこと考えたこともないよー私は魔物が平和に暮らしてりゃそれでいいんだ」
勇「うーん、俺の噂ってのはどっから聞きました?」
魔「主に部下からの報告かな。残虐無比な勇者はまた罪もない魔物の群れを殺戮したって。毎日のように来てたよ?」
勇「それおかしいですよ。そりゃあ集団で襲われたときはみんな倒しましたけど、人に害を与えない魔物にはいっさい手を出してないっすよ」
魔「……もしかして、お互いにだまされてない?」
勇「……かもしれないっすね」
男「ややこしくなってきましたね」
メ「……」

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 21:49:52.00 ID:KoL2u2EJ0
面白い展開になってきたなw

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 21:51:14.16 ID:VZMHi8z30
共闘フラグか?

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 21:52:21.39 ID:gzHnHPcC0
まさかの共闘フラグ?

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 21:53:34.48 ID:ayNLdmeiO
勇者いいやつでよかた

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 22:05:04.39 ID:Q+kZj8DoO
これって黒幕はm…うわなにをするやめろ


278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 22:09:01.38 ID:SKFkM4h00
魔「男ーちょっと来てー」
男「はい。なんでしょう」
魔「勇者君が嘘付いてるかわかる?」
男「なんで僕に聞くんですか?」
魔「お前に全部の責任押し付けたくなったから。頑張れ雑用係」
メ「王! あなたは自分の行動がどういうことになるかわかっているのですか!」
魔「んー男がミスったら私死んじゃうかもねーでもさ、これって人間側にとっても大事じゃん? だから唯一人間と魔物の中間にいる男に判断任せたほうがいいかなって」
メ「なおさら賛成できません!」
魔「んーとじゃあこれでいいかな。雌として好きな雄に頼りたくなった。これでも不安で死にそうなんだよ」
メ「!……わかりました」
勇「あのー、俺もしかして場違いっすか?」


280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 22:11:52.98 ID:VZMHi8z30
三角関係 +勇者w

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 22:13:27.80 ID:Q+kZj8DoO
勇「じゃあメイド長さんは俺がもらっていきますね」

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 22:15:16.95 ID:KoL2u2EJ0>>278
魔王にほれたwwww

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 22:24:13.39 ID:ZJ2D8KGh0
魔王かわゆすwwwwwwwwwwwwwww


294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 22:24:28.35 ID:SKFkM4h00
男「なんだか大役をまかされちゃいましたが、そうですね、勇者さん嘘ついてないと思いますよ」
魔「理由は?」
男「勘です」
メ「勘だと!?」
男「ええと、僕はここで奴隷として長くすごしてきたんですけど、魔物の顔色を見て生活してるとなんていうか知能のある生物に一貫してある特長みたいなものが見えてきまして、嘘をつくときにもそれがあるんですよ。 でも、勇者さんにはそれがなかったんです。それが勘っていう理由ですね」
魔「そ、うん。勇者君、君のところの王様まで案内できる? ああ、もちろんこっちの武装や魔力は解除していくよ」
勇「え、ええ。それはかまわないっすけど、こっちが信用できる理由がないっすよ」
魔「うーんそうだな。あ、じゃあこれでいいや。信用できないならこの場で私の首を切り落としていいよ。抵抗しないし、邪魔させないから」
勇「……ホントにいいんすか。やっちゃうかもしれないんすよ?」
魔「そんときはそんとき。私は男の言葉を信じてるからねー君の言葉も信じれるのさ」
メ「……王。ならばまずは私の首が先でしょう。王の首が切られた後に正気を保てるかわかりません」
魔「にゃー……メイド長も難儀だねぇ」

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 22:27:44.33 ID:knHpHTG70
にゃ嗚呼あああああああああああああああああああああ

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 22:29:15.52 ID:8nT2jGDC0
だめだ禁書目録読んだ後だと違う風に再生されるにゃあああああ!

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 22:30:48.43 ID:0BgMzHHTO
にゃー

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 22:31:49.24 ID:ZJ2D8KGh0
まおー可愛いよまおー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2chmatomeblog.blog67.fc2.com/tb.php/98-2a8c971a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログ アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。